冬の足音が聞こえてきました。 竹内克仁(新潟県)

 

こんにちは。新潟の竹内です。

11月も半ばを過ぎ、徐々に冬の様相に変わってきた新潟です。

冬の新潟と言えば寒ブリ!
寒ブリを求め県内外からお越し頂いております。

今年は水温がまだ高く群れがまとまらずに散らばって居る感じで中々テクニカルな日が続いていますが、、、
そんな中、関東よりお越しくださいましたお客様が【海晴アーサー】で良型のワラサ、サワラ、そして念願の寒ブリをゲットされました♪


サワラとワラサは【海晴アーサー】セレブシルバー230gでゲット!!


この日最大の9キロオーバーのブリは【海晴アーサー】イワシキング180gでヒットしました。

この日は決して高活性ではなく速いピッチよりもゆっくりとしたワンピッチにフォールを織り交ぜてヒットさせていました。

海晴アーサーはセンターバランス構造でジャーク後は滞空時間の長いホバリングの後ギラギラッとフラッシングしながら水平フォールをするので食わせる間を長く取れるのが特徴です。

是非皆様も【海晴アーサー】体感してみて下さい。

 

 

朝夕の冷え込みも激しくなってきました。
私は肌着の上にインナーダウンジャケットⅢ、その上にレインジャケットを着用しています。
日中、気温が上がってきたらダウンジャケットを脱ぎレインジャケットを着用。
という風にして温度調整を行っています。
更に寒くなってきたらダウンジャケットとレインジャケットの間にウインドガードジャケットを着用し、下もダウンパンツウインドガードパンツを履くようにしています。

年内もあと何回出船出来るか?というところまでやってきてしまいました。
荒れる日が多くなってきますので安全対策、感染予防に努めながら航行したいと思います。

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram↓
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

秋のシーバス釣行…快適な釣行は足元から 上田克宏(青森県)

 

皆様こんにちは、青森の上田です。
11月9日…初雪が降りました。
それからは穏やかな日が続いていますが週末からは寒くなる予報。
来春までの長い冬籠りの時期がやってきます。
渓流も禁漁となり10月1日から解禁となった十和田湖のヒメマスも不調となれば向かうは秋田シーバス。という事で先月2度ほどプチ遠征してきました。
まぁ結果としてはアングラーの少ないベストな状況とはいえない中でもキャッチする事が。
10月4日 雨のち曇
前日からの雨が残る中、ディブルを投げ倒したのちに、ラブ・ラ エボリューションに変え葦側のスロー引きでヒット。
10月27日 晴れ
朝夕の冷込みが厳しくインナーダウンを着込む程。葦を掻き分けたどり着いたポイントはドンピシャでした。
ディブル65S レッドヘッドパール
そして…今回のシーバス釣行からはニューアイテムを投入です。
透湿防水素材ブレスシェードを採用したチェストハイウェーダーです。
↓2018年モデルのBSブーツフットウェーダー↑
透湿素材などの変化は有りませんがラバーブーツから軽量のPVCブーツになり、フェルトスパイク底の他にラジアル底のモデルもあります。
ラバーブーツはウェーディング時に水圧による変形が起きにくく足への負担が少ないですが、その素材上のブーフ本体の重さがあります。
そしてフェルトに水が染み更に重量が増します。
長時間のウェーディング、ポイント移動も比較的平坦な所で有ればいいのですが、ランガンや移動、今回の様な整地されてない場所やサーフ等軽量のPVCラジアル底が歩きやすかったりです。
やはり水圧のによる足への締め付け感は有りますが、足運びの良さとラジアル底での歩き易さ、疲れ具合はラバーブーツとは比べ物になりませんでした。(個人的な感想)
実際片足の重さは?
↑↑ラバーブーツ(フェルトスパイク)片足↑↑
約1200g、水分含むと重量増します。
↑↑PVCブーツ(ラジアル底)片足↑↑
約800g
この差、釣行後半の疲れて足が上がらなくなってきてからが大きく出るんですですね。(^^)
実際、昨年に沈んでる枝につまずき、前のめりで沈した経験も(笑)
場所によってはフェルトスパイク底が断然有利な場所もあるのでその場合はフェルトスパイク底をチョイスしてもらえれば。
ハイモデルのフィットハイブーツウェーダーはラバーブーツを採用してますので。
ポイントによって何着も履き替えは出来ませんけどラジアル底でも全然大丈夫って方はお勧めですよ。

では。

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram↓
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

信頼のシーバスルアー 小松雅弘(茨城県)

 

皆様こんにちは!!
茨城県の小松です。

もう11月中旬!!
今年も残すところ2ヶ月を切り、早いものですね!

今年度は、新型コロナウィルスの影響もあり、残業・休出が激減し、家族との時間が増えました。
その分、釣行頻度が増えると思いきや、なかなかそうもいかず、以前同様の釣行頻度になっています。。
限られた時間で合間を縫っての釣行の方が期待も高まり集中出来て楽しいものです♪

今回のテスターログは、シーバス釣行に欠かせない 高信頼のルアー“ についてです。

例年のこの時期、新色も加わりバリエーションが増えた
グランソルジャー190Fにてビックミノーゲームを楽しんでます。

しかし、今年はベイトが少なくシーバスの魚影も少ないことから、なかなか成立しない状況が続いてます(^^;

地元フィールドには、河川や汽水湖があり、ポイント・流れの強弱・ベイト等の状況に応じたルアーチョイスがキーになります。

なかでも使用頻度が多いのは↓


パワードラブラ125SFG

表層から約1mまでのレンジを探れ、空気抵抗が少ないボディー形状と固定&移動ウェイトのバランス配置により、ストレス無く飛距離が出ます。
そのため、広範囲を探るサーチベイトとなっています。

まずは、流れに合わせロッドの角度を調整して引き波を立てながらトレース。
たまらず、バフッ!っと喰ってくる時があり、視覚的にも楽しめます♪

次に表層直下をリトリーブし、ウォブンロールアクションと無意識に入るイレギュラーアクションの高アピールにて、表層で反応無くても反応する場合があります。


次に、流れがある河川等にてアップキャストしてアクションするかしないかのゆっくり目のリトリーブ。

流されたベイトが追われて、バフッ!っと補食している時には、特に有効であり、なかでも好んで多用してます♪

年間を通じて、活躍する実績ルアーですので、是非とも使用して頂きたいと思います♪


これから冬本番!!

安全、健康第一です!ライフジャケットを着用し、体調崩さない様に防寒対策して楽しみましょう(^^)

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram↓
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign