MAKING OF STREAM BEYOND #9 繋がる強さ

 

皆さまこんにちは、A.S(アドバイザリースタッフ)富山の飛田俊一郎です。

 

前回からちょっと時間が空いてしまったので、少しだけ季節を戻したところからお話をはじめたいと思います。
シーズンイン直前の事です。

「無理を承知でお願いするのですが、ストリームビヨンド95MDのサンプルを福島の志賀君宛に送って頂けませんか?」

シミズさんからの切実なお願い

聞けば中禅寺湖開幕で使用予定だったストリームビヨンド95MDのカラーサンプルの到着がコロナ禍の影響で大幅に遅れているとのこと。

「まじかー?!メバルロケで四国にいるため帰ったらすぐに送ります」

って返事したんだけど、そういや仁淀川のサツキマス狙いにトラウトボックス持ってきているんだっけ。

ごそごそ探ってみると、入ってた~ビヨンド!!笑
直ぐに高松から福島の志賀君に送る手配を。

このストリームビヨンド95MD、僕は本州のサクラマスを想定して開発を続けてきたわけですが一方、本州のもうひとつのターゲットはやはり、レイクやリザーバーのビッグトラウト
そこを志賀君に託そうというのです。

 

そして、直後。
4月1日の中禅寺解禁に送られてきた写真がコチラ。

既に志賀君の投稿で見た方も多いと思いますが、嬉しいのでもう1回。
そして、僕とシミズさんが『してやったり…!!』心の中でガッツポーズをしたのは言うまでもありません。

 

個人的なモノ作りの話ですが。

僕は個人で独断的にプロジェクトを進めるよりも、チームファイトが好きなタイプだったりします。
判断はリーダーに任せますが、熱いアングラーと一緒にルアーを磨いていく作業がこの上なく好きで、その情熱の総量をルアーに落とし込む事が開発チームの1番の仕事だと思っています。

志賀君の1尾がまたストリームビヨンド95MDを強くする。
そうやってこのルアーを磨いていけたら最高ですね。

 

その後、程なくして遅れに遅れたストリームビヨンド95MDのカラーサンプルが少量届き、それを各地のサクラマスフリーク達に託すことに。

すると間を置かずに秋田の大河、米代川から嬉しい便りが。

やった!!やってくれた!!

志賀君のときもそうでしたが、開発に携わる者としては自分が釣るよりもこのルアーを選んでくださったアングラーさんが釣ってくれた方が嬉しいもの。

 

友よ、本当におめでとう。
そして本当にありがとう。

 

そして、このルアーを早く皆さんのもとに届けたい。そんな気持ちがより一層が膨らみます。

こんな喜びの便りが全国から届いたらサイコーだな。攻略法が書けなくなっちゃった笑

次回はその米代川ロコアングラーがいかにして米代鱒を手にしたか、その攻略法について書いてみようと思います。

ではまた。

 

 

 

 

 

・Pazdesignテスター飛田俊一郎連載【MAKING OF STREAM BEYOND】ログ一覧
https://onl.tw/dbTtUHx

・パズデザインHP
http://www.pazdesign.co.jp/

・TAGIRI HP
https://www.pazdesign.co.jp/products/tagiri/

・パズデザイン公式Facebook
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

・Pazdesignテスター志賀憲太郎連載【夢道中】ログ一覧
https://onl.tw/nD36kYf

・Pazdesignテスター小助川光昭連載【マッチの部屋】ログ一覧
https://onl.tw/jebCWV5

・特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】ログ一覧
https://onl.tw/RhQ6ejz

MAKING OF STREAM BEYOND #8 いつ発売…?

 

みなさんこんにちは、川遊びしていますか?
Pazdesign A・S(アドバイザリースタッフ)の飛田です。

 

3月からは渓流、サクラマス共に解禁した2022年トラウトシーズンですが、全国的に低温・大雪の影響で雪代が川に入らず渇水している地域も多いと聞きます。

僕は例年、金沢の犀川でサクラマスの解禁を迎える事が多いのですが例にもれず犀川も渇水
なかなかの厳しさです。

しかし、山にはたっぷり雪が残っているのでどの地域もハイシーズンがずれ込み、GW前後からの中盤以降にピークが来るのでは?なんて予想しています。

 

さてさて、前々から伸ばしに伸ばしてきたストリームビヨンド95MDのシェイクダウン、3月1日の解禁日にしっかり泳がせて来ましたよ。


(画像はプロトカラーです。)

川は渇水しているためリップが底に当たってしまう事も多々ありましたが、水が出た際はなかなか良いレンジを引いてこれるのではないか?そんな感触を得ました。

釣りの最中、お久しぶりの釣友の皆さんにも挨拶しながら、ストリームビヨンド95MDを投げてもらう。

先日イベントでお世話になりました、上州屋金沢金石店トラウト担当西本君にも使っていただきましたが、
「今までのサクラマスミノーに無いような引き心地ですね。レンジも北陸河川に合うし、95ミリっていう大きさも感じられないサイズ感。これなら自信もって推せます!!」
心強いお言葉をいただきました。

 

ですが…

心待ちにしてくださっている皆様、本当に申し訳ありません。

川やイベントでお会いした皆様にもよく聞かれるのですが…

「で、いつ発売ですか?」って。

 

入荷が遅れに遅れまくっておりまして…

おそらく4月下旬頃の入荷になってしまう感じです。
入荷時期が確定しましたらまた改めてお知らせいたします。

サクラマスの遡上が本格化する頃には皆様に届けられると思うので、今しばらくお待ちください。

 

 

あ、そうそう。
僕が仕事(本業のね)に追われている間に、一緒にストリームビヨンド95MDを作って来た吉島パイセンからテンションの上がる連絡が。

何やらPazdesignチーム、宮城県の北上・追波川で何やらやらかしたみたい(笑)

その模様は後日のPazdesignログにあがるかも!!

ではまた~。

 

 

 

 

 

・Pazdesignテスター飛田俊一郎連載【MAKING OF STREAM BEYOND】ログ一覧
https://onl.tw/dbTtUHx

・パズデザインHP
http://www.pazdesign.co.jp/

・TAGIRI HP
https://www.pazdesign.co.jp/products/tagiri/

・パズデザイン公式Facebook
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

・Pazdesignテスター志賀憲太郎連載【夢道中】ログ一覧
https://onl.tw/nD36kYf

・Pazdesignテスター小助川光昭連載【マッチの部屋】ログ一覧
https://onl.tw/jebCWV5

・特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】ログ一覧
https://onl.tw/RhQ6ejz

MAKING OF STREAM BEYOND 番外編 サクラマス装備のススメ #2

 

まいどです。
昨日記事をあげたかと思ったら、実は今日も。Pazdesign A・S(アドバイザリースタッフ)、富山県の飛田俊一郎です。

 

さて、前回は早春の本流トラウトの防寒装備について書かせていただきましたが、今回はもう1つの大切な事
安全対策について書かせていただきます。(何事も最初が肝心ですからね)

サクラマス釣りがブームになったのは、2000年代初頭から。
僕がこの釣りを始めたのもそのちょっと後くらいだと記憶しています。

そのころは30代前半だった僕も、今は40代半ば。数字上は確実に年をとっています。(あ~恐ろしい笑)
とはいえ、ずっとこの釣りを続けていることもありまして、劇的には体力の低下は見られないとおもっていました。
ですが実は昨年、ショッキングな事故に遭遇してしまいました。

 

まさかの、サクラマスとのファイト中にテトラの上からの落水

その状況は、昨年ログの方に書かせていただいたので、こちらの方を、ぜひご覧ください。

【安全対策・注意喚起】 落水実体験

 

今思い返しても、本当に恐ろしい経験です。
ちょうど40代半ばくらいは、いままで様々なシュチュエーションでサクラマスを追ってきた結果や経験値もほどほどについて来る年代。しかし、体力的には下り坂の入り口であると考えられます。

つまり、この事故が起きた原因は『過信』によるところが多いと判断しています。

■今まで、経験上大丈夫だったから、今回も大丈夫。
■去年と同じようにしていれば大丈夫。

 

しかし、加齢はそんな経験なんぞ大きく覆してきます。(昨年、身を持って体験しました)

そんな中、事故から身を守ってくれたのが『FTG ストリームベスト Ⅱ』にほかなりません。

ZFV-029FTG STREAM VEST IIFTG ストリームベスト II
¥28,000(税込¥30,800)
本体:ナイロン100%(ブレスシェード透湿防水加工3レイヤー)ポケット:コーデュラバリスティック
メッシュ:ポリエステル100%
浮力体:ビーズフロートシステム™(ポリスチレン)
カラー:グリーン(2019新色)、オリーブ、インディゴ
付属品:チェストポーチ標準装備
フロントポケットサイズ=左右にPSLルアーケース(3010サイズ)を1枚ずつ収納可能
製品ページはコチラ

落水した時に、上半身を浮かし呼吸ができる状態を確保できるということは生死に大きくかかわってきます。
また、浮力体のビーズフロートは落水時に岩や消波ブロックから身を守る役割もしてくれます。
もし、浮力体の入っていないベストだったら…、ウェーダー内の空気によって下半身が浮き、上半身は水中に。そのまま流されて行きながら、呼吸困難…なんて事になりかねません。

僕の場合は消波ブロックの上でしたがこのような事故は股上くらいの早瀬でも十分おこりえます。

 

このような事故は僕の年代のみならず、経験の浅い若手のアングラーさんにも昔ほど動けなくなったベテランアングラーさんにも起こりうる事だと思います。
そんな事故もあるんだな、と心のどこかに留めていただけたらそんな気持ちで書かせていただきました。

楽しいシーズン直前に、少々恐ろしい話になりましたがこれからも楽しく釣りを続けて行くために、今一度安全対策を見直して、フィールドに立っていただけたら嬉しく思います。

最後に。
このFTGストリームベストⅡ、昨今の河川事故で皆様の安全意識が上がり、現場お会いするアングラーさんの中にもチラホラ着用いただいております。

ショップで目にした際には、是非実際にご着用いただきその安心感を体験していただければ、と思います。

安全対策に関してのログはコチラから↓
【永久保存版】 フローティングベストの正しい着用法

【安全対策】ベスト着用の重要性

【全ての釣り人へ】ライフジャケット落水実験&解説動画

 

それでは皆様、よき解禁日を、ご安全に。
そしてよき魚と出会えますように。

ではまた~。

 

 

 

 

 

・Pazdesignテスター飛田俊一郎連載【MAKING OF STREAM BEYOND】ログ一覧
https://onl.tw/dbTtUHx

・パズデザインHP
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

・Pazdesignテスター志賀憲太郎連載【夢道中】ログ一覧
https://onl.tw/nD36kYf

・Pazdesignテスター小助川光昭連載【マッチの部屋】ログ一覧
https://onl.tw/jebCWV5

・特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】ログ一覧
https://onl.tw/RhQ6ejz