バックウォッシュビヨンド新色発売間近!! 平中竜児(和歌山県)

 

皆さんこんにちは、和歌山の平中です。

 

もうすぐ(4月頃)発売される【バックウォッシュビヨンド110S・SP】の新色についてカラーの説明や簡単なSとSPの使い分などをちょこちょこ書かせて頂いておりましたが、実際に釣り場で出会った方や友人などから「Sの使い方がイマイチよー分からん」とか色々言われるので、今回は開発者ならではのより踏み入った所まで書いてみようかなと思います。

 

今までのログでざっくりとS・SPの自分なりの使い分は書いたと思うんですがおさらいのつもりでもう一度書きますと、基本、
S(シンキング)→河川内・河口域・漁港内等で使用し
SP(サスペンド)→磯・サーフ・漁港内で使用しています。

 

共通するのは漁港内くらいではっきりと使い分けているのが分かるかと思います。

 

それは何故かと言いますとまだ発売前のテストの段階で主にしていたフィールドがSは河川内でSPが磯だっただけの話しです。

 

大雨で増水した河川は当然流れが強く早い訳で、その状況下で良いサイズのヒラスズキが確実にアタックしてきてくれるという事はその強すぎるくらいの流れの時にこそ威力を発揮出来てるという事です。

そしてSPはタダ巻きだけでも十分釣れますが、波が荒れ狂う磯でヒラスズキが捕食しそうだなと思うピンポイントにルアーを少しでも長い時間しっかりと留めやすくする為に浮き上がりにくく沈みにくいサスペンドにさせて頂いた訳でございます。

これは実は使用するタックルも結構重要激流の河川でハイギアリール使用でビヨンドSを使ってしまうと早く巻き過ぎて絶妙なアクションが出来ていない(生かされていない)状態となっている可能性があるという事です。

逆に増水もなくあまり流れが強くない場合で使っても同じ事が言えます。

 

私の使用するリールは河川も磯も基本通常ギア(ローギア)が主体で、自分のタックルではSもSPもどういった感じの時に使えば魚が口を使ってくれるというのを一番知っている訳ですから、釣れなさそうな状況の時にはどうしてみれば良いかを考える事も出来る訳です。

 

時に流れのないのが分かってる普通の河川内でワザとハイギアリールを使用しルアーのリップに当たる水の抵抗を増水時の時のような感じにする事もアリな訳です。
ただ状況によってはもちろん同じタックルで磯でSも使いますし河川内でSPも使います。

 

たったの2種類(シンキング・サスペンド)しかないルアーですが使い方は様々でこれに他のルアーを合わせると自分でも訳が分からなくなるくらい無限なパターンに併せれる訳ですからお買い得商品だと思いますよ(笑)

 

自分の良く行くフィールドで相性の良い方がどちらなのか?自分のタックルに合った使い方が出来るのはどっちなのか?を探してみるのもいつまでもこの釣りを続ける楽しみの一つなのではないかと思います。

 

実際にポイントを前にしてみればもっともっと色んなアレコレが頭の中にはあるんだと思いますが文にするにはこれが限界ですので、分からない事や聞きたい事などがあれば直接聞いて下さい(笑)

今回書かせて頂いた事をあくまで参考にして頂いて、来月頃に発売されるバックウォッシュビヨンド新色で良い魚に出会って頂きたいものです。

 

 

先日関西では緊急事態宣言が解除され今まで釣りを我慢されてた方も多いとは思いますが、感染のリスクが無くなった訳ではないのでまだまだ慎重に行動して頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram↓
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

【2021新製品 解禁フェス第8弾】 バックウォッシュビヨンド110 新色追加!!

 

皆様こんにちは、シミズです。

 

本日は2021新製品解禁フェス第8弾!!
【バックウォッシュビヨンド110 新色】のご紹介です!!

和歌山県のテスター、平中竜児氏により企画されたルアー。待望の新色追加です!!ルアー開発担当、発案者から新色のカラー解説をさせて頂きます!!

 


バックウォッシュ・ビヨンド 110SP/110S
110SP  ¥2,100(税込¥2,310)
110S  ¥2,200(税込¥2,420)

length:110mm
weight:110SP=17.5g・110S=19.5g
type:110SP=サスペンド・110S=シンキング
hook:#5
ring:#4
action:110SP=ウォブンロール・110S=ウォブンロール+スラローム
range:110SP=50〜180cm・110S=50〜200cm
製品ページはコチラ

 

 


#13/#20 チェルシーバック
背中はパールホワイトベースの上にクリアーオレンジを吹きつけた鮮やかなカラーはアングラー側からの視認性をアップさせ、サイドにはマグマホロにワンポイントの赤いエラとクリアーレッドアイ(目玉)にする事によりピンポイントで主張しています。ベリー部(お腹)もクリアーチャートを採用し、全ての角度からハイアピールします。
主に河川内に入ってきた鮎にシーバスが付き始める初夏から秋口にかけて抜群のヒット率を誇るカラーです。

 

 

 

#14/#21 パープルヘイズGB(グローベリー)
ベイトフィッシュ等で採用されるパープル(紫)をベースにサイドは縦ホロを入れたベーシックなカラーです。
ヘッド(頭)部分にはピンポイントにチャートを入れ、磯場のサラシの中でもいち早くルアーを見つけられ、ベリー部(お腹)にはグローを入れフィッシュイーターにもハイアピールします。
小型のカマスやカタクチが接岸しているような状況の時に威力を発揮するカラーですが、通常のベイトフィッシュが多く見られるような状況でも効果的です。

 

 

 

#15/#22 スケスケトウゴロウ
クリアーゴーストベースにアピールをやや抑えたシルエットはナイトゲームに特化させたカラーです。
初冬〜春先にかけての潮の澄んだ時期やナイトゲームの明暗打ちに効果的です。

 

 

 


#16/#23 ディヒラスペシャルGB(グローベリー)
深みのあるグリーンバックのグラデーションは磯ヒラゲームの定番カラー+黄緑のギーゴで更にインパクトを与えたカラーです。
それまで澄んでいた潮色がプランクトンを多く含みだした笹濁りの春先、初夏辺りから晩秋にかけての地磯や沖磯で出番が多く、サバ子に付いた時にも効果的です。

 

新色は春頃の入荷予定です♪ご期待ください!!

 

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram↓
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

2021年 新年のご挨拶

 

謹んで新年のご祝詞を申し上げます。
旧年中は新型コロナウイルスの影響の中皆様より沢山のご支援ご協力を賜り有難く厚く御礼申し上げます。

皆様のお力添えにより無事新年を迎える事が出来ました事を心より感謝いたします。

2021年も『釣りの楽しさをより多くの人達に伝えたい』の思いを胸に皆様の釣りに寄り添えるアイテムをお届け出来ますよう社員一同で努力いたします。

株式会社ザップ 社員一同

 

 

 

新年明けましておめでとうございます。

Pazdesignテスター・サポーターを代表して一言ご挨拶させて頂きます。
昨年は予期せぬ新型コロナウイルスの感染拡大により全世界が大変な事態となりました。しかし、2021年を迎えた現在に至っても残念な事にまだ収束の兆しは見えておりません。

この様な大変なご時世ではございますが本年も私達Pazdesignテスター、サポーター陣は日頃よりフィールドでの安全対策は勿論の事感染対策も充分に心掛けてまいります。
様々な所で得たたくさんの『種』をメーカー側に一早くフィードバック出来る様に努め、この様な時だからこそ皆様に釣りの喜びや楽しみ『花』として皆様のお手元にお届けできる様製品作りをサポートしてまいります。

2021年もPazdesignテスター・サポーター、Pazdesign・reed製品共々宜しくお願い申し上げます。

テスター・サポーター代表 森大介