【永久保存版】 フローティングベストの正しい着用法

 

皆様、こんにちは!!
コジマです。

今日から11月です。

10月は台風19号やその後の豪雨により、列島が大きな災害に見舞われた月となりました。
特に9月の台風15号の爪痕が大きく残っていた千葉県や神奈川県では今でも深刻なダメージが残っています。

改めまして被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

19号では関東のみならず、広い範囲での河川の氾濫や土砂災害が発生しております。

釣りに限らずですが、いつどのような災害が訪れるかわかりません。
避難場所、避難経路の確認、防災用品の点検や非常食のチェック等忘れず、いざと言う時に動けるように備えておかなければと改めて考えさせられました。

被災された皆様が一日も早く日常を取り戻し、笑顔で釣りに行けるように心からお祈りいたします。

また、被災地付近にご釣行の際は復旧作業中の邪魔にならないよう気をつけましょう。
当たり前ですが、くれぐれも立ち入り禁止区域への立ち入り等はおやめください。

そして是非、現地でお土産等ご購入いただければ少しでも復興のお手伝いになると思います!!

それでは今月も良い釣りを!!

【Pazdesign×ルアマガ】オカッパリフロートベスト解説動画↓

詳細はこちら↓
・内外出版社WEBコンテンツ『釣りプラス』
・【Pazdesign×ルアーマガジン】オプション類を使用して多彩に攻める!!バス用ベストでのクリークランガンスタイル!!

本流トラウトの釣りの方はこちらの記事をご覧下さい。
安全対策
・トラウト用フローティングベストについて
・レスキューホイッスルについて
・ウェーディングスタッフについて

あとはまだまだ問い合わせの多いこちらも↓
ライフジャケットの着用義務範囲の拡大について。
超重要!!補足です!! ライフジャケットの着用義務範囲の拡大について!!※製品対応非対応一覧有り

ちょっと前置きが長くなりましたが、今月も『フローティングベストの正しい着用法』を『安全への啓蒙として』掲載させていただきます!!

『またかよ…』と思わずどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

他の安全対策関連の記事も是非↓
・手軽な釣りにも安全対策を(ポーチタイプをご紹介)
フローティングベストのお話 その2 『そもそも何故フローティングベストが必要なのか?』

という事で以下本文です。↓

安全対策の第一歩でありますフローティングベスト。
最近では他メーカー様の商品も含め、非常に多くの方が釣行時には着用していただいています。(それでもまだ着用されていない方もいますが…)

しかし、実釣やイベントの際にアングラーの皆様を見ていると正しく着用出来ていない場合が多く見られます。

なのでこの機会に以前アップしましたフローティングベストの着用方法(弊社製品の場合)をfimoでも掲載したいと思いますので、ご覧いただき、参考にしていただければと思います。

また、正しい着用方法は安全対策だけではなくフィット感の向上や負担軽減と言う意味でもメリットが大きいのでそれもポイントです。

ちょっと長いですが、とても大事な事なのでご覧ください↓

2014/12/9掲載記事

今回のテーマは…

『フローティングベストの着用法です』

です!!

まず、何故このテーマになったのか?

それは、京都のエキスパートアングラー(個人情報もあるので、T様とします。)のフェイスブックの投稿がきっかけでございます。

まずは実際のT様の投稿内容と投稿画像をご覧下さい。
※ご本人に許可は頂いております。

ここから↓
『激流に流された経験者は語ります、落水に備えてください〜!

今朝は友人が釣りの最中激流に30mほど流されたそうです、助かりましたが。

私も若い頃は某河口で5回以上流された経験があるのですが洒落になりません。
ま、流されるのを想定しての特殊なスズキ釣りでしたし、ライフジャケットを着て浮力の確認やスイムテストもよくしていました!笑笑笑

ウエアー類の調節でダメージが軽減されるのは事実ですし、舐めてかかりますと泳げません!

ビギナーな方ならベテランに確認してもらうのがベストですが、わたし的にはライフジャケットの腰辺りにあるベルトは締め気味にしてます。
勿論股ヒモベルトはしましょう!

ウェダーの場合は腰のベルトもしっかりして、なるべく浸水しないようにして下さいね〜♪』


T様のベスト画像

この投稿を見まして、私はハッとしましたよ…

『それを伝えるのって、本来メーカーの役目でしょ…』

新商品情報もいいですけど、大事な事も伝えていかなければ!!
ということで、まずはこの2枚の写真をご覧下さい。

この2枚は、オススメできない、というよりも
『救命具として役割を果たさない可能性が高い着用法』です。

何がダメなのかお分かりになりますか?
分からなかった方は、是非、この機会に覚えて下さい!!

ダメなポイントはこちら!!


股ベルトがゆるゆる。


サイドベルトが緩く、体にフィットしていない。


肩ベルトが緩く、フロントが下がり過ぎ。

この3点です。
この、『股ベルト』、『サイドベルト』、『肩ベルト』は一体、何の役割をしているのでしょうか?
そして、ジャストサイズに調整されていないと何が起こるのでしょうか?

『股ベルト』
落水した際、人間の体は沈みます。
ベストは浮力で浮きます。
これが同時に起きると、ベストだけが水面に残り、体は水中に…となります。
それを防止する為の、『股ベルト』です。
※アルティメットV-1(現在ではスーパーライトベストも)のようにウェストベルトが着脱防止になっているものは原理が違うので、後ほど説明します。

時折、『股ベルト』を股に通していない人を見かけますが

言語道断です!!
※コンプリートⅣ、アルティメットシリーズ、スーパーライトベストはウェストベルトがありますので股ヒモ無しでも大丈夫です。
コンプリートシリーズでもⅢ以前、ウェーディングゲームベストV以前のタイプは股ヒモは必須です!!

また、股ベルトをしていても、写真のように緩いと
落水した際に、体とベストが離れてしまい、浮いてはいるけど
水中で思うように身動きがとれず、結果、思わぬ方向に流されてしまいます。

ですので、股ベルトは下の写真のように、股に沿うように、キッチリ締めましょう!!

『サイドベルト』
ここが体にフィットせず緩んでいると、落水及び入水時に写真のような状態になります。

このように、体とベストの間に隙間ができると、水中で身動きをとるのはかなり難しくなります。
陸上では感じにくいかもしれませんが、ベストの浮力はかなりのものです。
落水すれば、当然ベストは自分から見て、上に上に行こうとします。
逆に体は、衣服が水を吸い、下に下に行こうとします。
ましてや、足の着かない所では、いくら水を蹴っても力が伝わらないので浮き上がる事すらままなりません。

この状態でベストを着用しているのであれば『着ていない方がマシだ!!』と思える程、身動きがとれません。
※もちろん、ベストを着ていなければ浮いている時間は、ほんの僅かです。当然、着用時の方が生存率は上がります。

ですので、サイドベルトもキチンと体にフィットするように締めて下さい。

目安は、フロントポケットを手で前に強く押しても、隙間が開かないくらいです。

『肩ベルト』
ポケットへのBOXの出し入れの関係上緩めにしている方もいらっしゃいますが、極度に緩くすると、サイドベルト同様、隙間が開く要因となります。

前から


横から

もちろん、防寒衣料を着たりして、夏と冬とでは着用サイズは変わります。
面倒かもしれませんが、面倒と思わずに、都度調整して下さい。
それでだけ、生存率が大きく変わります。

また、コンプリートシリーズは、胴回り140cm弱くらいの方までは着用可能なように作っています。
細身の方でベルト調節後にベルトの余りが邪魔な方はベルトを切って頂いてもかまいません。
切った後は、先端をライターで炙って頂くと、ほつれ防止になります♪
※炙りすぎに注意!!

そして、先程チラリとお話しましたが、腰ベルト式の場合です。
※弊社ラインナップでいうと、アルティメットV-1、V-2(現在ではアルティメットV-3、スーパーライトベスト)です。

腰ベルト式のベストの肝は、こちら!!↓

腰ベルトと
※V-2を着ているので、股ベルトもあります。


脇のサイドベルト(スーパーライトベストはZ字型じゃありません)

この2つのベルトをキッチリ締めて着用する事で、落水時のすっぽ抜けを防ぎます。
イメージ的には、脇で止める感じですので、『キッチリ』締めて下さい。
特にアルティメットシリーズは、『Z字型』のサイドベルトが脇の下近くまできているので、このおかげで、よりすっぽ抜けにくくなっています。
※スーパーライトベストはインナーベルトとサイドベルトの両方を締めて下さい。

こんな着用はアウトです!!

腰ベルトゆるゆる


サイドベルトゆるゆる

この着用法は、真似しないで下さい!!

という感じで、ちょっと長くなってしまいまして、申し訳ないです。
でも、それでも『これは伝える必要がある!!』と思ったので、書きました。

安全面だけでなく、ちゃんとサイズ調整して、体にフィットさせれば着心地ももっと良くなりますし、体の負担も楽になります。
※体にフィットさせることで、荷重を体全体で分散する形になるので肩への負担が軽減されます。また、体の動きとベストの動きが同調し『ベストに振り回されるような感覚』がなくなり無駄な体力消耗を抑えます。

皆様、是非、これからは『ちゃんとサイズ調整』をして安全快適に釣りを楽しんで下さい!!

あと、最後になりましたが、T様、貴重な書き込み有難うございました!!

それでは今日はこの辺で♪

以上、フローティングベストの正しい着用法でした!!
皆様、是非実践してみてください!!

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

☆Instagramの公式アカウント開設しました☆ ←こちらをクリック♪
『Pazdesignのある風景』をテーマにアップしていきますのでフォロー宜しくお願い致します♪
『pazdesign_official』で検索お願いします!!

今年の中禅寺湖納め♪ 志賀憲太郎(福島県)

 

みなさんこんにちは!

福島の志賀です!
先日は今年最後の中禅寺湖へいって来ました!

現地で仲間と落ち合うものの仕事の疲れが取れていないため、今回はお手軽ポイントでの釣りに決定(^^♪

禁漁2日前でしたが釣り人は少なく、4時に釣り開始です!

事前情報では浅場にもいるとの事なので、まずはマズメに強いグロー系で浅場から攻めます。

RAIGA18gピンクグローをキャスト

着底してから大きく1回あおり、そこからリール2回転からのカーブフォール。

アクションとしては中禅寺湖の王道的な感じですが、僕はリール1回転ごとに少しロッドをあおり、巻いたあとルアーにイレギュラーがはいるようにしています(^^♪

底をとりながら続けていくと、2回転からのカーブフォールに差し掛かるところでヒット!

一投目からレイクが出迎えてくれました(^^♪

繊細なアタリからの合わせた時にのる重み、そしてそこからの首振り、、、、
たまりません(≧▽≦)

そして次のキャストでもカーブフォールに差し掛かるところでアタリがあり、底より魚が1m〜2m浮いてる?というイメージが浮かんだので試しにショートフォールにして巻き上げ。

すると一投目からひったくるアタリが!

またもやレイク(^^♪

手前で反応が薄くなった時は、海晴30gで沖を攻めてヒットに持ち込むことができました(^^♪
朝の時間帯はチャートがよく効きます!


海晴30g #005 チャートキャンディー

海でも湖でも巻きで釣れちゃう海晴はオススメですよ♪

海晴のジグならではの圧倒的な飛距離と、ジグらしからぬスプーン的なアクションは湖の釣りでも大きなアドバンテージを感じます。

手前はスプーンやミノー、沖は海晴、と攻略のバリエーションも増えるので来期も期待ですね♪

今回は釣り方がハマってくれたおかげで6キャッチ2バラシと、サイズはでないものの、釣った感のある満足のいく釣りで今年の中禅寺湖を納めることが出来ました♪

そして今年のシーズンの感謝と来年への期待を胸に湖畔のゴミ拾いをした後、仮眠、、、

からの11時半起床。
まだ今日の釣りは終わっていません笑

さらに山を上り今度は湯ノ湖へ!

当日はまだヒメマスの接岸が少ないという事でしたが、ここまできたら婚姻色ばりばりのせっぱりヒメマスを釣りたい!とのことでやって来ました♪

朝からインしている釣りともさんに情報をいただくものの、「朝だけ、、、今は、、、」との事でしたがとりあえずGAIA4.8gをつけます♪

足元にすでに4匹のヒメマスがうろついていましたが、朝からルアーを見ているせいか着水音で逃げ惑う始末(^^;

なので沖のフレッシュな個体に狙いを定めてます♪

婚姻色のでたヒメマスはスイッチを入れる釣りが最適なので、僕はトゥイッチやシェイクでアクションをいれつつGAIAのS字アクションの巻きで食わせるイメージで攻めてます(^^♪

そしてその時は突然やって来ました!

GAIA6.3gRPBを沖からシェイクしていると後ろから物凄い勢いでチェイス!

完全にスイッチのはいった動きのためさらにスピードを上げて本気モードにさせ、食わせのただ巻きに変えた途端にドンッ!

紅の魚体が水面を割り、豪快なファイトの末ネットイン

目的のヒメマス、しかも婚姻色バリバリなせっぱりなオス!!

この美しさ、写真だけでは伝わりませんが、感動するくらいにとてもとても綺麗です♪

魅力あふれる1匹、もう悔いのない釣行となり納竿しました(^^♪

この記事が公開される頃には中禅寺湖や湯ノ湖のトラウトは禁漁になっておりますが、すでに来シーズンが待ち遠しい(><)

中禅寺湖、そして湯ノ湖、とても魅力あふれる聖地です(^^♪
また来年も通いたいと思わせる、そんなフィールドです。

国立公園でもある中禅寺湖は、釣り人だけでなく観光やハイキング、大使館を目的とした多くの人々が集う場でもあります。

この中禅の美しさが永遠であり続けるためにも、目に見えたゴミは拾っていきたいですね(^^♪
もちろん、捨てないという事が大前提ですよ!!

そして気をつけないと行けないのは事故。

中禅寺湖では毎年のようにコケて首まで水に浸かったという話も聞きます、手前から大きなブレイクがある中禅寺湖ではフローティングベストを推奨します(><)

僕はいつもFTGストリームベストⅡを着用しています♪
過信は禁物ですが浮力があるのと無いのでは、安心感に雲泥の差がありますからね(^^;


FTGストリームベストⅡ

みなさんも安全第一に釣りを楽しみましょう!

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

☆Instagramの公式アカウント開設しました☆ ←こちらをクリック♪
『Pazdesignのある風景』をテーマにアップしていきますのでフォロー宜しくお願い致します♪
『pazdesign_official』で検索お願いします!!

禁漁直前のトラウトシーズンを楽しむ 岩崎清志(宮城県)

 

皆様こんにちは、宮城県のフィールドテスターの岩崎です。

トラウトシーズンもここ宮城県は10月から禁漁期間に入り、冬眠期間に入る前の荒食いでは無いですがシーズンの締めくくりとして、9月はあっちこっちと釣行してきました。

9月に入ると東北の山々は、日中は30℃を超えるのに、朝晩は10℃以下になる等、寒暖差が激しくなってきました。

この時期になると、山々も若干色着き始めてきます。

それは水中の魚たちも同じで一気に美しく色づいてきます。

そんな色着いたヤマメ達を求めて奥羽山脈へと向かいました。

道中、キツネやアナグマ、ニホンカモシカ、そしてツキノワグマに遭遇しつつポイントへ向いました。

朝一のポイントでは活性が低いのか、魚影が薄いのか、殆どチェイスも無いので、さっさと見切りをつけて上流部へと向かいます。

この日のファーストヒットは、日が昇り切ってから滝からの流れ込みでやっと良型のヤマメ(27cm)が蒼龍55S(プロト型)に出ました。

その後、ルアーと同じぐらいのヤマメのチェイスがあるものの、反応が無く、やっとヒットしてもこのサイズ。

さらに上流部へと向かいます。

上流部では、如何にも居そうなという大場所で蒼龍55S(プロト型)を流し込むと一投目ででました!!

今期最初で最後の尺ヤマメ。見事に色着いた幅広ヤマメでした。

今期、春の怪我以来やっと満足できる釣果が出てくれました。
蒼龍55Sにヒットしたヤマメ(31cm)

が、しかし、またもや今回もハプニング発生!!

見事に転倒(爆)

右腕の擦過傷だけで済んだのですが、今回本当に痛感したのは、安全対策にフローティングベストの着用もさることながら、帽子(キャップ、ハット)手袋(グローブ)の必要性です。

実は、この日、キャストの際に自分の頭にルアーを引っかけるというミスを犯しました。

しかも、思い切り・・・・・・。

5g程度のトラウトルアーでも結構な衝撃です。

帽子を突き抜けてフックが頭皮に刺さりました(涙)

でも、帽子を被っていた為、幸いにも刺さりが浅く、自分でフックの方向を確認しプライヤーを使って抜くことができました(汗)

また、転倒した際に、無意識に手を着いてしまいましたが、岩場でも手袋(グローブ)をしていた為、殆ど怪我も無く済みました。
岩の質や形状によっては転倒の際に、大きな裂傷を伴う事もあります。

転ばぬ先には杖だけだでなく、グローブも必要です。

長時間の釣行だと、疲労から思わぬアクシデントに合う場合があります。その為、フローティングベストの着用も大事ですが、改めて、帽子手袋の必要性を感じました。

秋の味覚を楽しみつつ・・・・・。(蕎麦の香りと舞茸の天ぷらが最高でした)
渓流シーズンは終了しましたが、次のターゲットに向けてと、来シーズンの為のテストと着々と準備中です。

 北上川の情報はこちらから↓

Iwa Craft Japan
https://www.facebook.com/Iwacraftjapan/

go fishing in The kitakami river
http://ameblo.jp/madasyou2010/

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

☆Instagramの公式アカウント開設しました☆ ←こちらをクリック♪
『Pazdesignのある風景』をテーマにアップしていきますのでフォロー宜しくお願い致します♪
『pazdesign_official』で検索お願いします!!