混合ベイトパターン攻略!! 小助川光昭(千葉県)

 

いつもパズデザインテスターログをご覧いただきありがとうございます。
パズデザインフィールドテスター小助川です。

 

関東では桜が咲き乱れ「綺麗だな~」と浸っていたのも束の間。湖面には散った桜が…儚さと美しさの融合

素晴らしい!!と思いながら海面を見ると「ヒュー」と引き波を出しながら泳ぐバチの姿が!!

この時期になると東京湾奥港湾部では、イソメの産卵行動である【バチ抜け】真っ最中
川バチと比べ長さがだいぶショートになり、ルアーの長さや波動を考えながらルアーを使い分けることでヒット率がだいぶ変ります。
それがバチ抜けの醍醐味でもあります。

今時期は日没がだいたい18時頃からで、上げ潮のタイミングでもバチが表層を泳ぎだします。

広範囲をフィール120SGで探るのも良いですが、バチが捕食している箇所を確認し、なるべく手前から探っていきます。
フィール100SGフィール75SGで届く距離であれば口を使わせる率が上がります。
なんせ今のバチは短いですからね。

引き波を出しながら泳ぐバチにはフィール120FGがオススメです。
フィール120FGの引き波は、強く波立たないので見切られにくく、やや早いリトリーブをしても弱い引き波で泳いでくれるのが最高です。

よって、広範囲をテンポよく探っていけるのでヒット率も格段に上がっています。

ここ最近夜になると風が強まり水面が波立ってしまう時が多々あります。

マッチボウ100Fは、フィール120FGよりも引き波は強いので気づかれやすいです。
アップにキャストし、ルアーが出す引き波の幅を調整しながらリトリーブするとヒット率が上がりますので試してみてください。

また、フィール120SGでないと届かない『沖の流芯』にシーバスが付くことは多々あります。
アップにキャストしラインスラッグを取りながらゆっくり流すと釣れますので、フィール120SGもボックスに忍ばせておいてください。

 

バチ抜けは、ポイントや時間、自然状況によっては発生しない場合があります。自然相手ですから仕方のないことですが…。
そんな時にヒット率が高いルアーが、ディブル55TGなんです。

ボラの稚魚であるハクや稚鮎などサイズが5~7㎝と小さいので『なるべく小さく距離も稼げるルアー』や、『波動の弱いルアー』がオススメです。
5~30㎝ぐらいのレンジをイメージしながら泳がすと釣れる率が高いので試してみてください。

 

何はともあれシーバス達は元気です!!
ボックスをルアーでパンパンにして、釣り場へ向かいましょう!!

 

では今回はこの辺で。

 

 

 

 

 

・Pazdesignテスター小助川光昭連載【マッチの部屋】ログ一覧
https://onl.tw/jebCWV5

・パズデザインHP
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

・Pazdesignテスター志賀憲太郎連載【夢道中】ログ一覧
https://onl.tw/nD36kYf

・Pazdesignテスター飛田俊一郎連載【MAKING OF STREAM BEYOND】ログ一覧
https://onl.tw/dbTtUHx

・特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】ログ一覧
https://onl.tw/RhQ6ejz

春の偏食パターンにお勧めルアー、ご紹介します♪  小松雅弘(茨城県)

 

皆様こんにちは!!
茨城県の小松です。

ポカポカ陽気の日が多く過ごし易くなりました。寒がりの私にとって嬉しいことです(*^^*)
そして春の到来を告げる桜前線が北上し、私の地元ではこれから満開を迎えます。


日頃”花より団子” な私ですが、比較的に空いてライトアップする夕方、近所の公園にて春の訪れを実感してきました。

 

一方、水中のシーバス等の様々な生物にもが訪れ徐々に活発に行動する様になります。
この時期のシーバスは、バチの他に、稚アユシラスハクサヨリ等を偏食している場合が多く、攻略困難な場合も少なく無いかと思います。

今回は、そんな偏食パターンにお勧めのルアーをご紹介します。

 

1つ目は↓


フィール 150SG
¥2,000(税込¥2,200)
length:150mm
weight:16.0g
type:シンキング
hook:#10ring:#2
action:テイルスライド
range:水面〜150cm
製品ページはコチラ

もはやバチパターンの鉄板となっているfeelシリーズ!!
実はバチ以外の稚アユシラスなどのベイトパターンにも有効です。
150mmのロングスリムボディによるシルエットや “強過ぎない” テイルスライドアクションにて反応する場合も少なくなくお勧めです♪

 

2つ目は↓


アルバトロス150FG
¥2,100 (税込¥2,310)
length:150mm
weight:12.8g
type:フローティング
hook:#10
ring:#2
action:ウィークウェーブ(弱々しい波動)
range:表層〜5cm
製品ページはコチラ

サヨリを捕食している場面で、なかなか反応が得られない…そんな経験をした事がある方も多いかと思います。
そんな時には“サヨリルアー” がお勧めです!

サヨリの動きに合わせた弱々しい波動の『微波動アクション』、リトリーブスピードにて表層引き波から約5センチのレンジをトレースできますので、状況に応じて試すと良いかと思います。

 

最後に↓

こちらは、マッチボウ120F(プロト)に反応したフッコくん♪
こちらも偏食パターンでの活躍が期待されます♪

今年リリース予定ですが、もうしばらくお待ちいただければと思います(^^)
マッチボウ100Fの製品ページはコチラ
マッチボウ120Fに関する開発記・釣行記【マッチの部屋】はコチラ

 

これから春本番!!
寒暖差や気圧変動が大きく体調を崩しやすい時期。
しっかりと感染対策を行い、ライフジャケットを着用して安全第一で楽しみましょう(^^)

 

ではまた次回。

 

 

 

 

 

・パズデザインHP
http://www.pazdesign.co.jp/

・TAGIRI HP
https://www.pazdesign.co.jp/products/tagiri/

・パズデザイン公式Facebook
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

・Pazdesignテスター志賀憲太郎連載【夢道中】ログ一覧
https://onl.tw/nD36kYf

・Pazdesignテスター小助川光昭連載【マッチの部屋】ログ一覧
https://onl.tw/jebCWV5

・Pazdesignテスター飛田俊一郎連載【MAKING OF STREAM BEYOND】ログ一覧
https://onl.tw/dbTtUHx

・特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】ログ一覧
https://onl.tw/RhQ6ejz

小助川光昭の『マッチの部屋』 第6話

 

どうも、コスちゃんです。

私が住んでいます千葉も最近は雪が降ったりと、冷え込みの厳しい日が続いています。

本当は自宅でコタツにでも入って過ごしておきたいところですが、マッチボウ120Fがマッチする状況をさらに突き詰めたいのでフィールドに向かう毎日です。
まあ、うちにはコタツ無いですし(笑)

 

第6話からご覧になった方は、「マッチの部屋」って何!?という方もいらっしゃると思いますので、改めてこのブログの趣旨をご説明します。

「マッチの部屋」は現在テスト中の「マッチボウ120F」に関する開発記・釣行記です。

「マッチボウ120F」って釣れるの?って方も多いと思いますので、考案者であるコスちゃんこと、小助川が釣行時にマッチボウ120Fを使用して釣れた報告や開発の進捗を報告しているページとなっています。

 

そんな中、今回で第6話を迎える「マッチの部屋」ですが、今回はカラーについてです。

アクションに関しては最終プロトのアクションチェックも終わり、問題無く本生産に移行する所まできましたが、アクションの次はカラーです。
アクションはもちろんの事、コスちゃん的にはカラーも釣果を左右する時があると思っています。

 

今回はマッチボウ120Fカラーラインナップをご紹介したいと思います。

まず、今回マッチボウ120Fの定番カラーを決めるにあたって、リードルアーの中でも実績が高く個人的にも出番の多いカラーを選びました。

 

因みに決定カラーは
※()内はカラー採用ルアー

1・チャートバックフラッシュ(マッチボウ100F)

2・クレイジーチャート(マッチボウ100F)

3・ナチュラルベイト(マッチボウ100F)

4・レッドヘッドパール(リバード90S)

5・スケパールピンクベリー(ラブラ90S)

6・ツヤハルクブラックベリー(フィール150SG)

7・クリアーハルク(パワードラブラ125SFG)

8・S.G.R(ラブラ90S)

9・ボラ(ラブラ90S)

10・N.OMR(初採用)
11・ゴージャスナインティ(初採用)

?・・・

10番と11番目のカラーは?と、お気付きの方もいると思います。
この2色は今回初採用のカラーです。

1~9はもはや定番色ですので、今回はこの2色に絞って解説したいと思います。

 

まずは「N・OMR」

【N(ナイス!)OMR(オムライス)】

艶感のあるイエローボディーは黄身を、背中は白身をイメージ。
それに加え背中のピンクギーゴがケチャップです。
また、お腹のピンクはケチャップライスですね~。

間違いなくオムライス。

 

実は、キャスティング錦糸町店限定で21年発売しました、フィール120SGのオリカラ「RNオムライス」とまんま一緒なんです。

マッチボウ120Fの定番カラーで出すには流石に同じ名前にはできないので「N・OMR」と命名しました。
名前は変わりますが魚が自然と反応してしまう「ネイチャーリアクション」なところは同じです。

釣果もしっかり出ています。


ナイス!オムライス!


強風で波立つ時でも「ナイスオムライス!!!」


写真撮りが雑ですがランカーシーバスです…(笑)

余談ですがこちらは先日フィール120SG「RNオムライス」で釣り上げた82㎝のランカーシーバスです。

ベイトフィッシュとバチパターンでも良い釣果を出すことが出来たので定番カラー認定といたしました!!

 

 

お次は「ゴージャスナインティ」

グリキンボディーにド派手なピンクヘッド。
今思うとなぜこの様なカラーにしたのか…
何となく頭に浮かんできた釣れそうなカラーを塗ってもらったらこんな感じでした。

「物は試しだ!!」的な(笑)

コージーなんか最初見た時「このカラー気持ち悪っ!!」とか「サンプルだからってやって良い事と悪い事がある」とかって散々な言いようでした。

「酷いな~、コージー」って思いましたけど、流石に自分も出来上がりの毒々しさに驚いたのは事実です(笑)

しかもウェーディングしている時、ゴージャスナインティをキャストし巻いてくると、徐々にピンクヘッドが近寄ってくるのが見えてきて、凄く、凄く気持ち悪いんですよ~(笑)

「コージー見て見て!何かすごいピンクが迫ってくる!(笑)」ってテンション上がってる私をコージーがビー玉みたいな生気の無い目で見てたのを思い出します。

カラーの気持ち悪さはさておき、このカラーが後に素晴らしい活躍を見せます!!


ゴージャスナインティで釣り上げた東北遠征マッチ!!

夜に近い夕マズメでしたが、ピンクヘッドを目で追えるためバイトの瞬間も丸見えでした。
あのピンクヘッドが良い仕事するとは(笑)
視認性が良いのでドリフトとかもやりやすいです。

 

そして更なるドラマが生まれます。


自己記録更新のメモリアルマッチ!!

ボートシーバスランカー便にて、自己記録でもある90㎝のランカーシーバスを釣り上げたのもゴージャスナインティ

この釣果に関しては小助川光昭の『マッチの部屋』 第4話をご覧ください。

因みに名前の由来はここからきてます。

コージーが「せっかく自己記録釣れたんだからこのカラー残しましょうよ、なんちゃら90(ナインティ)みたいな名前で。他でも結構釣ってるし。まあ、カラーの気持ち悪さには納得してませんけど。」って言うので、ベイトフラッシュベースのゴールドに背中からサイドにかけてのブルー~グリーンのグラデーションに頭とお腹のピンクとゴージャス感のあるカラーなので「ゴージャスナインティ」と名付けました。

 

このゴージャスナインティですが、ここ最近も良い結果を残しています。


バチ終わりの上げ返しのベイトフィッシュパターンにナイスマッチ!!


こちらも同じパターンでナイスマッチ!!!!


また別の日にもナイスマッチ!!!!

 

まさにこの2月、バチが絡まない上げ返しのベイトフィッシュパターン。
低水温時のクリアーウォーターの時にもきっちり答えを出してくれました。

 

ちなみにですが、ここまで結果を出してくれたのでこの場で勝手にこの色の採用を確定し、勝手に発表しました。

吉島パイセン、コージーお許しくださいませ。

以上11色展開でいきます。
本来は10色展開の話でしたが、今ここで「ゴージャスナインティ」追加して11色展開でいきます。

いや~、理由はわかりませんが「ゴージャスナインティ」釣れちゃうんですよね~。
こうなったらやっぱり外す訳にもいかないですしね~。

ちょっと釣れる理由まで細かくはわかりませんが、直感的に「釣れる!!」と感じているカラーなので、是非皆様にもお試しいただきたいですね。

 

こういう具合で日々釣果も出ていますマッチボウ120F。
最終サンプルから量産に移りましたので、発売は早くて6月頃を予定との事です。

 

皆様もナイスマッチ!!出来る日をお楽しみに!!

 

 

 

 

 

・Pazdesignテスター小助川光昭連載【マッチの部屋】ログ一覧
https://onl.tw/jebCWV5

・パズデザインHP
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

・Pazdesignテスター志賀憲太郎連載【夢道中】ログ一覧
https://onl.tw/nD36kYf

・Pazdesignテスター飛田俊一郎連載【MAKING OF STREAM BEYOND】ログ一覧
https://onl.tw/dbTtUHx

・特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】ログ一覧
https://onl.tw/RhQ6ejz