南伊豆釣行!!  佐藤直樹(神奈川県)

 

皆さんこんにちは。神奈川の佐藤直樹です。

今日は先日の釣行記でも書いてみようかと思います。

10月になって緊急事態宣言も解除され、やっと大腕を振って釣りに行ける!さぁ大好きな伊豆に行こう!と計画すると…荒れるんです(笑)沖磯への渡船が欠航するんです。
いい加減諦め、もうダメならダメでも温泉入って美味しいご飯食べて、ライトゲームができるしいいやと10月17~18日、宿を抑え南伊豆へと車を走らせました。
初日は南西爆風予報。当然渡船なんて出ません(>_<)
時期的にも河川の河口域でメッキフッコゲームが楽しい季節堤防のアオリも面白いかな?とそんなプランで行く作戦を立てます。

まだ暗いうちから釣りを始めましたが、到着するや否やゲリラ豪雨…(呪われてますか?お祓いに行った方がいいですか?)
上流から濁った水がどんどん押し寄せ、あっという間にマッディウォーター。とりあえず小型のミノーでチェックしますが反応なし。水量のある下流へと移動し、同様にチェックしましたがここもダメ。濁っているならとルアーのサイズを上げて12cmのミノーにチェンジ

 

これで釣れたのが40cmもある大カマスです。

連発で釣れましたが明るくなり始め、時合終了。

日が昇ったので、大きく場所を変えメッキ釣りで有名な河川へ。
ここも濁りが出ていて反応はなし、時間が経つにつれて濁りが落ちつきメッキの反応が出始めますが、3匹バラした所で雨が…
まぁ天気予報通りだったので(笑)無理してもと思いこの日は宿へ。

 

翌日は北東の風12m。
渡船は無理かと思いましたが、船長から連絡があり、ナライだから出すよと。念願の3か月振りの沖磯への渡船です!!
渡った磯は潮通しの良い超一級磯。いいサラシが出来ていて、ヒラには絶好のコンディションと思いましたが、潮が青々としています。水温は25.5℃。そうです。海が夏なんです!!

10月中旬にもなるのに、黒潮が伊豆半島に接岸しているため、海水温は下がらず高水温を維持していました。
ヒラには水温が高すぎます。期待せずサラシを撃ちますが、やはりヒラからのコンタクトはなし。ウネリもあったため、シイラは接岸せず。

こうなると少しでも潮の緩いポイントでロックフィッシュゲームしかないかな?とタックルをチェンジし、ワームのフリーリグで探っていくと小さいながら高活性なアカハタが連発

やはり海の中は”夏”の様です

今日のメインをアカハタに切り替え、磯変えのタイミングでアカハタが狙い易そうな磯へと変更します。この移動が功を制し、32~35cmの良型のアカハタキャッチ!

本命のヒラこそ出せませんでしたが、アカハタに癒された久しぶりの南伊豆釣行を楽しむ事ができました。

 

でも釣りって本当に難しいなって思います。
今回の釣行は自分なりの攻略というか、楽しみ方をした釣行です。筆不精で伝えきれない、書ききれない部分もあったかと思いますが、ご了承ください。
こんな釣りの楽しみ方を共有できたらいいなと思い、ログにしてみました。皆さんそれぞれの考え方、スタイルがあると思います。それぞれのスタイルでこの秋の釣りを楽しみましょう!

 

それでは!

 

釣行時使用アイテム↓
オカッパリ時タックルバッグ:PSL ヒップバッグ Ⅲ
オカッパリ時フローティングベスト:PSL インフレータブル ラフトベルト Ⅲ
沖磯時フローティングベスト:オカッパリフロートベスト

 

 

 

 

 

 

・パズデザインHP
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

・Pazdesignテスター志賀憲太郎連載【夢道中】ログ一覧
https://www.fimosw.com/u/zappazdesign?blog_tag_id=nf12ex6e7y6i

・特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】ログ一覧
https://www.fimosw.com/u/zappazdesign?blog_tag_id=nf12ex6ce7xe

小鯖パターンにはデイヒラスペシャルGB 佐藤直樹(神奈川)

 

こんにちは!神奈川のテスターの佐藤です。

こんなご時世だから…伊豆方面への遠征も自粛中。
お盆で各地釣り場は賑わってしまっていたみたいですが
こんな時に釣りに行かなくても?っていうタイプの人間なんで、スイッチは入りません(;_;)
さてそろそろ…と思った矢先、台風や秋雨前線で大荒れと
予定と天候がミスマッチしすぎてて干からびそうです。

 

そんな訳で今日のテスターログは…
ちょっと前の地元の沖磯のヒラスズキ釣行を書きたいと思います♪

当日は、はるか南に発生した台風の影響でどう転ぶかわからなかったので、ヒラ、ロックフィッシュ、ショアジキング、エギングと臨機応変に対応できる準備をして渡礁しました。
磯に近づくと船頭から、うねりが結構あるから「大場所限定で行きましょう」とのアナウンス
状況的にもヒラ狙いがベストと判断し実釣開始!!

 

ここでチョイスするのはもちろんReed バックウォッシュビヨンド110S デイヒラスペシャルGB←前回の釣行でこのカラーしかアタリが出なかった信頼度 金保留クラスのルアーです♪
(GBはグローベリーの略)

いかにも?といったサラシからは無反応。次に打ったのが、瀬とブレイクが絡むポイント。

1投目。足元でひったくるバイト!あっさり抜きあげてしまったのは43cmの小振りなヒラフッコ♪
でも嬉しい1本ですね!!

写真を撮って再度アプローチすると再び、足元から水面でバイトしてきました。
さっきより一回り大きい47cmのヒラフッコでした。

簡単に撮った動画がありますのでご覧下さい!

傍で釣りをしていた上物師を見ると、小鯖が入れ食い!
まさにこれですね!

このビヨンドの新色『デイヒラスペシャルグローベリー』は…小鯖をイメージしたグリーン系、少しの濁り潮でも使いやすい色にして欲しいというリクエストで作って貰ったカラーです。
当然、小鯖がメインベイトな時はめちゃめちゃ効きます!
ベストなタイミングでいい所に投げ、釣果に結び付いた結果となりました。
その後はうねりが収まる気配はなく、他のターゲットも今一つだったため早上がり。綺麗でグッドコンディションのヒラに逢えて大満足な釣行になりました!!

 

そんな訳で、私のイチ推し!バックウォッシュビヨンドのデイヒラスペシャルGB
オンラインショップ、パズデザインの在庫なしです…m(__)m
店頭で見つけた時は即ゲットをオススメします。是非使ってみてくださいね!!

 

 

 

 

 

・パズデザインHP
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

・Pazdesignテスター志賀憲太郎連載【夢道中】ログ一覧
https://www.fimosw.com/u/zappazdesign?blog_tag_id=nf12ex6e7y6i

・特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】ログ一覧
https://www.fimosw.com/u/zappazdesign?blog_tag_id=nf12ex6ce7xe

夏と言えばサーフからのライトショアジギング!佐藤直樹(神奈川県)

 

神奈川県テスター、佐藤です。

 

地元サーフにも青物が回遊し始め、サーフからのライトショアジギングが開幕。まだかわいいサイズが多いですが、ワカシやサバ、タチウオ等が上がっています。

サーフからのライトショアジギングは、比較的、初心者にも容易な釣りです。シーバスロッドでも手軽にエントリー可能とあって、青物を狙うアングラーで賑わいを見せています。

 

今年の西湘サーフの傾向として、5~7cmのカタクチイワシがびっしりいます。例年だとシラスパターンで釣れる事が多いのですが、イワシを意識したルアー選択、狙い方がキーポイントになっています。
シラスに比べ、イワシの方が遊泳力があり、広範囲を泳ぎます。だから青物も広範囲を回遊する傾向があり、広く探れるルアー、遠方のナブラに届くメタルジグが有利です。

現在釣れているのはワカシの20~30cmクラス。

あまり大きいジグだとヒット率も下がってしまいます。
そこで、飛距離も出て、かつシルエットも小さくなるタングステン製のメタルジグや、飛距離が出てかつ巻くだけで泳ぐ


海晴 DANGAN Light 18g と

海晴 DANGAN 28g

(フックは#6のトリプルフックに変えて使用しています。)
がオススメです!小粒なボディでぶっ飛んで、アゴのキールで巻くだけでシンキングペンシルの様なアクション!
だから釣れます。

 

海晴弾丸ライトの動画はこちらから!!

 

もちろんイワシナブラが寄らない時は、カケアガリ付近をシラスを追いかけている青物に絞って狙う戦略も有効です。

 

状況に合わせたルアー選択、アクションがキモになっているので参考にしてみてくださいね。

 

熱い夏はこれから!
熱中症対策、、日焼け対策、感染症対策をしっかり行い、楽しんで行きましょう!

 

 

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram↓
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

・Pazdesignテスター志賀憲太郎連載【夢道中】ログ一覧↓
https://www.fimosw.com/u/zappazdesign?blog_tag_id=nf12ex6e7y6i