2021年新製品 トラウトアイテム続々!!

 

今年はPazdesignのトラウトアイテムにベストとシューズがそれぞれ3種類ずつ新製品が追加されます。

まずベストからご紹介しましょう!


ZFV-033 TRプラッキングベスト
本体価格:¥23,000(税込¥25,300)
本体:ナイロン100%
メッシュ:ポリエステル100%
補強部:バリスターナイロン
サイズ:フリー
カラー:チャコールオリーブ、チャコールブラウン
※2月発売予定
詳細な解説ページはこちら


チャコールオリーブ 前面


チャコールオリーブ 背面


チャコールブラウン 前面


チャコールブラウン 背面

まずは、2011年に登場しミノーを主体としたトラウトのプラッキングに特化したベストとして一世を風靡した「ミノーイングベスト」が現代風にアップデートされた「TRプラッキングベスト」が2月に発売予定です。

一見オーソドックスな作りですが、ポケットのサイズや形状、アクティブな釣行をサポートするショート丈、ウェアの厚みが変わってもフィット感を簡単に調整できる調整用サイドベルトなど、トラウトプラッキングの為のこだわりが詰まっています。

 

 

 


ZFV-032 2WAYフロートパックベスト
本体価格:¥25,000(税込¥27,500)
本体:ポリエステル100%
メッシュ:ポリエステル100%
浮力体:ポリスチレン(ビーズフロート)
サイズ:フリー
バックパック部容量:約20L
カラー:ガンメタ
※4月発売予定
※本製品は救命胴衣ではありません。浮力体はあくまで補助的なものです。
詳細な解説ページはこちら


着用イメージ

続いて、「トラウトフィッシングをより安全で快適に」と言うコンセプトで開発されたFTGシリーズの新しい選択肢である「2WAYフロートパックベスト」です。
Pazdesign独自のビーズ状浮力体「ビーズフロートシステム」による安全性と約20Lの容量のバックパック+ベストと言う高い収納力が特徴です。

バックパック部分のおかげで飲食物やウェア類だけでなく、一眼レフカメラやバーナー、クッカーなどもフィールドに持ち込めますので、現場での選択肢や楽しみが増えると思います。

また、浮力材入りですので源流・渓流から本流域までより安全・快適に釣行できます。

ウェットゲーターを使用したスタイルにもオススメです。

 

 

 


ZFV-034 メッシュパックベスト
本体価格:未定
本体:未定
メッシュ:未定
サイズ:未定
カラー:未定
製品ページはこちら

「メッシュパックベスト」はまだプロト段階ですが、オールメッシュの本体で軽快な着心地。

夏シーズンには大活躍してくれると思いますし、それこそゲータースタイルとの相性は抜群です。

 

 

 

シューズに関しては、渓流域をメインターゲットにした「ライトウェイトウェーディングシューズⅥ」と本流域や湖をメインターゲットとした「ストリームダンサーシューズⅣ」が前作からフルモデルチェンジという形で発売されます。


ZWS-618 ライトウェイトウェーディングシューズⅥ(FE)
本体価格:¥15,000(税込¥16,500)
ZWS-619 ライトウェイトウェーディングシューズⅥ(SP)
本体価格:¥16,000(税込¥17,600)
(FE)=フェルト底、(SP)=フェルトスパイク底

本体:ポリエステル100%/レザー/合成皮革/TPU
ミッドソール:EVA
ソール:(FE)=PPフェルト、(SP)=PPフェルトスパイク
サイズ:XS、S、M、L、XL、3L
カラー:オリーブ
※1月下旬頃発売予定
詳細な解説ページはこちら


背面画像

渓流域をメインターゲットとし、「歩くためのウェーディングシューズ」をコンセプトにしたライトウェイトウェーディングシューズⅥ。

軽さだけではなくソールの屈曲性や足裏感度、ホックやハトメの位置など全体のホールド感に脱ぎ履ぎのしやすさ、履き口のクッション性や爪先部分の樹脂カップなど、一日中歩き続ける為の快適性を追及したモデルです。

歩く距離の長い方、沢や川ごとポイントを変えるようなランガンの多い方にはオススメのシューズです。

 

 

 


ZWS-617 ストリームダンサーウェーディングシューズⅣ
本体価格:¥17,000(税込¥18,700)
本体:ポリエステル100%/レザー/ラバー
ミッドソール:EVA
ソール:PPフェルト
サイズ:XS、S、M、L、XL、3L
カラー:グレージュ
※1月下旬頃発売予定
詳細な解説ページはこちら

本流域や湖をメインターゲットとしたストリームダンサーウェーディングシューズⅣ。

こちらはライトウェイトウェーディングシューズⅥは安定感をアップさせる為にミッドソール部分を厚くし、あえて重量アップさせ低重心化させる事で水中での安定感を向上させました。

本流域や湖のディープウェーディングでの安定感は、長時間チャンスを待ち続けるスタイルの釣りに最適です。

 

 

 

間もなくスタートするトラウトシーズンに向けて、Pazdesignのトラウトアイテムを是非ご期待ください!!

【2021新製品 解禁フェス第5弾】2WAYフロートパックベスト

 

皆様こんにちは。

本日は2021新製品解禁フェス第5弾!!
【2WAYフロートパックベスト】のご紹介です!!
本日も小嶋からのご紹介です♪では、どうぞっ!

 

本日は新製品の『2WAYフロートパックベスト』をご紹介いたします。


ZFV-032 2WAYフロートパックベスト
本体価格:¥25,000(税込¥27,500)
本体:ポリエステル100%
メッシュ:ポリエステル100%
浮力体:ポリスチレン(ビーズフロート)
サイズ:フリー
バックパック部容量:約20L
カラー:ガンメタ
製品ページはコチラ
※本製品は救命胴衣ではありません。浮力体はあくまで補助的なものです。
※4月頃発売予定


背面画像

『トラウトフィッシングをより安全快適に』というコンセプトで開発されたFTGストリームベスト。
Pazdesign独自の粒上浮力材『ビーズフロート』を採用した革新的なトラウトフィッシング用フローティングベストとして登場し、お陰様で多くの方にご愛用いただき、現在では定番アイテムとなってきています。

 

そんな『FTGシリーズ』に新たな選択肢として、この『2WAYフロートベスト』が登場致します。

 

この2WAYフロートパックベスト、まず2WAYと言うくらいなので『バックパック+ベスト』『バックパックのみ』の2通りの使い方が出来ます。


バックパック+ベスト(基本はこの状態で使用)


バックパック単体

これは以前発売してました『3WAYパックベスト』の同じような仕様なんですが、このベストの最大のキモは『バックパック』と思います。

 

20Lと中々の容量なので携行品の選択肢が大幅に増えます。

 

飲食物だけでなく、一眼レフカメラやコーヒー用の小型のバーナーとカップ、体温調節用のミドラーなど趣味のアイテムや『あれば便利』と言うようなアイテムをフィールドに持ち込む事も可能です。
つまり、FTGストリームベストⅡの『安全性』と3WAYパックベストの『収納力』を合体させたようなベストと言う事です。

 

大枠のコンセプトの解説が済んだところで、細かい部分を説明していきたいのですが、とても大事な事を一つ。
2WAYフロートパックベストを着用の際は他のフローティングベスト同様に、各バックル類を留め、ベルト類をきっちり調整して下さい。

 

その理由は他のフローティングベストと同様ですのでこちらをご覧ください↓
【永久保存版】フローティングベストの正しい着用法

 

特にウェスト部分のベルトはきっちり締めましょう。

ここの部分のベルトです。

 

ちなみに浮力体入りになったので、破れにくいように本体生地も3WAYパックベストの生地よりも強度アップさせています。

 

さて改めて詳細ですが、まずはフロント部分です。
(基本、左右同じ作りです。)

メインポケットはスリムタイプのケースが2個は楽勝で入ります。


フォームインルアーケース×2個

 

また、大型ミノーを使用する本流や湖で使用する方はポケットが縦型ですので3010タイプのルアーケースよりもマグタンク(XL)のようなタイプのBOXがオススメですし、それもバッチリ収納できます。

 


BOXサイズ:200×115×49

​​​​​​フロントサブポケットはスナップケースや携行食のチョコバーなんかも収納可能。


フロントサブポケット

センターサブポケットも中々の収納力です。


センターサブポケット

チェストポケットはリーダーや巻き尺式のメジャーの収納に。


チェストポケット


収納量的にはシーガーの小型ボビン(ハリス用のボビン)が2枚収納可能です。

その他にチェスト部とサイドにDカンが装備されています。


フロント部のDカン

この辺の作りは3WAYパックバストの時と大きく変わっていませんが、このベストで3WAYパックベストから大きく進化した点が2つあります。

 

1つはバックパックの仕様が大幅にレベルアップしています。

 

ショルダー部分はパットに厚みを持たせる事でクッション性が大幅にアップ。


ショルダーベルト部

 

収納物の重量が重くなっても肩に食い込みにくくなっています。

 

また、チェストバックルが追加され、ショルダー部分が左右に開かないので、フィット感や安定感がアップしています。


調整可能なチェストバックル

2つめはショルダー部分にDカンを追加。


ショルダー部分Dカン

これでショルダー部分にポーチ類などの接続が可能になったので、デジカメや大型ボビンのリーダーの携行が本当に楽になりました。


使用イメージ

そして次に背面バックパック部分です。


着用イメージ

メインのバックパックには表面と内部にサブポケットを配置。


表側サブポケット


内部メッシュサブポケット

また、大型Dカンも標準装備ですのでランディネットの取り付けも可能です。


背面の大型Dカン

個人的には見やすいし、本体に安全ピンの針穴が開かないので、ここにライセンスホルダーを取り付けています。


使用イメージ

バックパック側面にはドリンクホルダーを配置。

左右どちらでも使用できますが、左側はその上側にウェーディングスタッフやパックロッドをホールドできるバックルが付いていますので、画像のような使い方もオススメです。


使用イメージ

ドリンクホルダー部分の下部にはDカンを標準装備してますので、紛失防止用のコードの取り付けなども便利です。


背面バックパック下部Dカン

そしてフロント、バックパック部共にですが、浮力材は取り外しが可能ですので、本体部分を丸洗いする時は外して丸洗い可能です。


背面部分浮力材取り出し位置


フロント部浮力材取り出し位置

と言った感じの仕様となっております。

 

この2WAYフロートパックベスト、本流域や湖だけでなく渓流域や源流域での釣行にも、もちろんオススメです。


渓流域でのサンプルテスト時の画像

特に携行する飲料の量も多くなる夏場にはこのバックパックの容量は本当に強い味方です。ゲーターを使用したウェットスタイルとの相性も抜群だと思います。

 

少し長くなりましたが『2WAYフロートパックベスト』どうぞご期待ください!!

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram↓
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign