巻き速度(リーリングスピード) 花川常雄(愛媛県)

 

こんにちは、愛媛の花川です。
今年は暖かいですね〜ウェーディングで水に入ると温っ!と感じるほど。そんな気候でも季節は徐々に進行し、ハイシーズンを迎えました。

ベイトが豊富な時に待ち構えるシーバス…どう喰わせるか…
今回はリーリングスピード(巻き速度)について書いてみました。
使用するタックル、ロッド、ラインなどにより感度も違うので同じようにはいかないと思いますが、私なりに思っていること、普段やってることを書いてみたいと思います。

基本となるリールを巻く速さは、巻き抵抗を感じるくらい(ロッドティップが少し曲るくらい)=ルアーがユラユラと泳いでいるイメージ。
流れが速いところで、ルアーが水を受ければ巻かずともルアーは泳ぐかと思います。ですので、フィールドによってリールを巻く速さは変わるかと思います。

ポイントに立って、まずは基本となる巻き速度で情報収集しながら探っていき…キャストごとに巻き速度を遅くしていきます。
流れがあれば巻かない状態まで確認します。

私はレバーブレーキ付リールを使用していますのでルアーがしっかり泳いでいれば、巻かずにラインを出す状態も確認します。
巻き速度を遅くしていき反応がなければ速くしていきます。
感覚的に速くしてもいいですし、1秒間に1回転…2回転でもいいかと思います。

MAXで回収並みの速さになります。大量のイワシに着いているシーバスに有効な経験があります。

巻き速度だけでも単純に基本速度、遅い、速いの3パターン、10個のルアーでそれぞれ探ると30パターン…巻き速度を変えるだけで攻めのバリエーションはかなり増えるかと思います。

釣れない状況などで気持ちが焦ると、巻き速度が速くなる傾向になりますので注意しましょう。
巻き速度が遅くなれば、ルアーが泳ぎにくくなる場合もありますが、大事なのはシーバスの捕食エリアに送り込むこと見つけてもらうことだと思います・・・状況によりルアー選択。

 

多くの状況で使えるパイロットルアーの

パワードラブラ125SFG

ベイトが大きい(コノシロなど)なら

グランソルジャー190F

表層系のイナッコ・鰯なら

マッチボウ100F

難攻不落のサヨリなら

アルバトロス150FG

少しレンジ入れるなら

シャローウォッシュ

ラブ・ラ エボリューション 110SFG。

さらに深くレンジを入れると

バックウォッシュビヨンド

イレギュラーな動きの

リバード90Sなどなど。

reedルアーには選択肢が多くあり、それぞれに寄せる力、スイッチを入れる力がありますので、シーバスがどう待ち構えているかを考えルアー選択して巻き速度を変えて探ってみましょう。

 

 

つい先日、例年コノシロが入るポイントに行ってみました。
しかしコノシロは確認できませんでしたが…グランソルジャー190Fをキャスト!巻き抵抗を感じる程度にコトコト…10投ほど反応なし。
さらにゆっくりゆっくり巻いていると…ゴンっと喰ってきました!


この巻き速度で連続ヒットでした。

通常より遅くして反応が出る…日頃でも最も多いパターンでした。

皆さんもポイント、状況に応じた巻く速度を色々試してみましょう。

早いものでもう師走、今年の釣行もあと数回・・・
安全第一でライフジャケットを着用し感染対策も行いながら釣行を楽しみましょう。

 

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram↓
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

高性能ジャケット&NEWマッチ 小助川光昭(千葉県)

 

皆さまこんにちは、パズデザインテスター小助川です。

今週にはいり急激に気温が落ち込み防寒対策をしっかりしないと釣りに対しての集中力が激変。「全集中の呼吸」を使っても間違いなく釣果に支障を切らしてしまう!!そんなアングラーにオススメアイテムの紹介です。

【BSウェーディングウォームジャケットⅣ】

ウェーディングスタイルの多いコスちゃん的には物凄く冬場の時期には必需品です。
従来のモデルよりも更に機能性が向上され見た目ではわからないんですが、着てみると物凄くわかりやすい作りとなっております。

防寒ジャケットなので中綿をふんだんに詰め込めば温かくなるのはわかるんですが、そうなるとゴアゴア感が増し動きにくくキャストをしてリトリーブの動作がスムーズにいきません。

操作性ダウンです。。。

なので今回のモデルは、「サーモライトアクティブ」と言うブランド中綿を使用する事で高い保温性を保ちながらも物凄く軽いので着心地が物凄くいいんです。

また、こだわりの個所といたしまして、ひじの部分から袖口にかけて中綿を敢えて入れてはいません。リトリーブ時のゴワツキ感を無くすことによってスムーズで繊細なリトリーブが可能です。

バチ抜け時の繊細なルアーをリトリーブする時やローギアリールを扱う方にもオススメです。

また、袖は海水が浸る頻度が高いため袖の中綿が湿ってしまい保温性が下がり釣りに集中出来なくなることを防ぎます。

袖口部分のストレッチダブルカフス仕様にする事で水の浸入を防ぎます。

また、袖口の径が大きいので厚手のネオプレーングローブを着用してもしっかり外からホールドする事が出来るのもイチオシ個所です。

本当に細かい個所に釣りをするうえで「着てて助かる!!」って思えるほどの価値が得られるので是非、皆さんにも着用してもらい極寒の冬の釣りを楽しんでいただけたらな~と思います!!

製品の詳細はコチラから↓
BSウェーディングウォームジャケットⅣ


話しが変わりますが、マッチボウ100Fのサイズアップモデルのテストを進めております。

シルエットをそのままに長くするか?
ファットボディーにして長くするか?
いくつかのサンプルを作りスイムチェックと飛距離の姿勢を見ながらようやく見えてきました。

コンセプトは、マッチボウ100F同様バチのシーズンからベイトフィッシュを絡めたシーズンでも出番のあるルアーです。

全長は120mmで決まってはいたのですが、ウエイトに対してのシルエットをどのくらいに抑える事でバチでも使えてベイトフィッシュでもアピールを損なわない様にするかが物凄く悩んだ所ではありました。

や~しかし!!

今回のテストルアーの出来はそれはも~!!

いいんじゃないでしょうか(笑)

アクションはばっちりマッチボウ!!

フラフラしながら泳ぎ、水の抵抗が加わるとロールの入りとテールのふらつきがたまりません(笑)

ボディーサイズが20mmアップする事で更なるアピールが出ますが凄くナチュラルです。
(不思議な感じです)

レンジも5㎝程の設定で組んでありますし、デッドスローリトリーブでは引き波を出しながら泳ぐ姿もしっかり確認できました。

飛行姿勢も格段に上がりストレスなくキャストできるようになりましたね!!

我ながら【マッチボウ120F】に惚れ込んでしまいました(笑)

今後の展開も随時SNS等で発信していきますので宜しくお願いいたします。


マッチボウ100Fもお忘れなく!!

これからの低水温時期によるクリアーウォーター時期にも威力を発揮する食わせのルアーです。
是非、ゆっくりタラタラ巻いてみてください!!

 

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram↓
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

冬の足音が聞こえてきました。 竹内克仁(新潟県)

 

こんにちは。新潟の竹内です。

11月も半ばを過ぎ、徐々に冬の様相に変わってきた新潟です。

冬の新潟と言えば寒ブリ!
寒ブリを求め県内外からお越し頂いております。

今年は水温がまだ高く群れがまとまらずに散らばって居る感じで中々テクニカルな日が続いていますが、、、
そんな中、関東よりお越しくださいましたお客様が【海晴アーサー】で良型のワラサ、サワラ、そして念願の寒ブリをゲットされました♪


サワラとワラサは【海晴アーサー】セレブシルバー230gでゲット!!


この日最大の9キロオーバーのブリは【海晴アーサー】イワシキング180gでヒットしました。

この日は決して高活性ではなく速いピッチよりもゆっくりとしたワンピッチにフォールを織り交ぜてヒットさせていました。

海晴アーサーはセンターバランス構造でジャーク後は滞空時間の長いホバリングの後ギラギラッとフラッシングしながら水平フォールをするので食わせる間を長く取れるのが特徴です。

是非皆様も【海晴アーサー】体感してみて下さい。

 

 

朝夕の冷え込みも激しくなってきました。
私は肌着の上にインナーダウンジャケットⅢ、その上にレインジャケットを着用しています。
日中、気温が上がってきたらダウンジャケットを脱ぎレインジャケットを着用。
という風にして温度調整を行っています。
更に寒くなってきたらダウンジャケットとレインジャケットの間にウインドガードジャケットを着用し、下もダウンパンツウインドガードパンツを履くようにしています。

年内もあと何回出船出来るか?というところまでやってきてしまいました。
荒れる日が多くなってきますので安全対策、感染予防に努めながら航行したいと思います。

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram↓
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign