【重要】ライフジャケットの着用義務範囲拡大について。

2018年2月1日より施行されます『ライフジャケットの着用義務範囲拡大』について、下記のリンクに詳細をアップしております。

是非、ご確認お願い致します。

ライフジャケットの着用義務範囲の拡大について。
超重要!!ライフジャケットの着用義務範囲の拡大についての追記事項!!
超重要!!補足です!! ライフジャケットの着用義務範囲の拡大について!!※製品対応非対応一覧有り

ウェアの基礎知識講座⑥『ウェーダーの透湿と撥水の関係性』

皆様こんにちは!!
コジマです。

本日はウェアの基礎知識講座⑤です。
前回は撥水復活の儀式のお話をしました。
※前回のログはこちら

そして今回は『ウェーダーの透湿と撥水の関係』についてです。

透湿と撥水シリーズの番外編とでも申しましょうか。
ただ、この話は透湿素材を採用したウェーダーの話であって、非透湿のPVCウェーダーにはあてはまりませんのでご注意を。

以前、撥水が切れるとウェアの表面に水の壁ができて透湿性が落ちますよ~っという話をしたと思います。
※そのログはこちら

水の壁ができると透湿性が落ちる…

あれ?ウェーダーって水の中に入ってないっけ?
じゃあ、ウェーダーの透湿素材って意味無くない?

そう思った方。
いいとこに気が付きましたね。

水中に入る際に使うウェーダー。
水の中に入っている部分は透湿素材の意味が無いのか?

透湿素材の意味はあります!!!!

そう、水に入っている部分でも透湿性は発揮されているんです。
でも条件がありまして。

それは撥水が効いている事。

撥水は撥水基という分子の働きで水と表地が直接触れ合わないようになっています。

触れ合わないという事はつまり、表地と水の間には極々僅かですが隙間が空いている事になります。
(要は撥水基分の隙間ですね。)

はい、勘の良い方は気が付きましたね。

そう、その隙間から水蒸気が抜けてるんです!!

絵に描くとこんな感じです。

いや、ほんと私もこれ知った時は驚きましたよ。
なんちゅうメカニズム。
考えた人凄いです、本当に。

で、今回これで終わりじゃないですよ。

撥水が効いてるから透湿性が発揮できるという事は、撥水が切れたらダメだって事ですね。

レインウェアと同様にウェーダーも使っていると表地に水が染みて色が変わってきますよね。
もちろんこの時点で中に水は浸入していません。

でも表地が濡れているという事は、透湿性が失われ、再結露が起きてしまう状態だという事になります。

こんな経験はございませんか?

最近ウェダー履くとやたら中が濡れてるんだよな~
靴下とか股のとことか濡れてるんだけど、水漏れの検査してもどこも漏れてないんだよな~…

これ、再結露の可能性大です。

人間、想像以上の汗をかいています。
昔CMで『人は寝ている間にコップ1杯の汗をかく』なんてのもありました。

個人差ありますが、寝ているだけでコップ1杯。
ウェーダー履いて歩けばもっと出るでしょう。

その水分が再結露でウェーダー内に戻ってくれば、『漏水してる!!』と思ってもおかしくはないですね。

つまりウェーダーもレインウェア同様に撥水の維持、復活が快適に使用する為のキーポイントなんですね。

なのでウェーダーも日頃のメンテナンスは欠かせません。

当然、洗濯機で洗うわけにも乾燥機にかけるわけにもいきませんので少し工夫は必要ですので、ここでは私が実践している方法を参考までにご紹介します。

まず洗う段階ですが、基本的には短時間しか使用していないときは釣行後に真水で洗い流します。
で、ちょっと撥水が切れてきてるかな~っと思ったら乾燥後に撥水スプレーを使用して撥水を復活させます。


ZAC-952 リバイベックス インスタントウォータープルーフィング 1600円
※製品ページはこちら。

これはブーツタイプもソックスタイプも同様です。

そして本格的なメンテナンスの場合ですが、基本的にはレインウェア同様に

汚れを落す→撥水を復活させる→熱処理

という流れです。

んで、汚れを落す際は洗濯機の代わりにウェア用洗剤、もしくは中性洗剤をつけた柔らかいスポンジで軽く洗います。

そしてしっかりすすいだら、こちら↓

ZAC-957 リバイベックス デュラブルウォータープルーフィング
2000円 ※製品ページはこちら

濡れている状態でデュラブルウォータープルーフィングを満遍なく吹き付けます。

その後しっかり乾燥させ、ソックスタイプは当て布をしてアイロン掛けします。
※方法は前回ログを参照下さい。

ブーツタイプの場合、大体のご家庭では室内でアイロン掛けを行うと家族から非難の的になると思いますが、場所が確保できれば行って下さい。

不可能ならばドライヤー。

電気代や騒音によりそれも許可が出ない場合は、デュラブルウォータープルーフィングスプレーではなく、乾燥させた状態でインスタントウォータープルーフィング(撥水スプレー)で処理しましょう。

こうする事で、より長く快適にウェーダーを使用する事ができるはずです。

思ったより長くなって自分でも驚いているので、今日はこの辺で。

次回はまた原点に戻って用語解説。
『透湿性と通気性の違い』についてお話しようかと思います。

それでは。

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

☆Instagramの公式アカウント開設しました☆ ←こちらをクリック♪
『Pazdesignのある風景』をテーマにアップしていきますのでフォロー宜しくお願い致します♪
『pazdesign_official』で検索お願いします!!

ウェアの基礎知識講座28『渓流禁漁目前!!ウェーダーは収納前にお手入れを!!』

 

皆様こんにちは!!
コジマです。

本日はウェアの基礎知識講座28です。

前回は秋シーズンのウェア選び、特にズボン類に関してお話をしました。
※前回のログはこちら。 

今回は渓流禁漁目前と言う事で、来シーズンまた快適にウェーダーを穿く為に保管前のメンテナンス方法をご説明したいと思います。

今年もしっかり活躍してくれたウェーダーを労う為に、そして来シーズンスタートから気持ち良く釣りをする為に、収納前にきっちりメンテナンスしましょう。

まず、釣りから戻ってきたらウェーダー内側を洗いましょうっていうのは以前もお話しました。
※過去ログはこちら

で、洗い終わったらバクテリアウトでカビの繁殖を防止します。

で、ここで一つポイントです。

ちょうど裏返しになっているので、ウェーダーの内部に水を入れて漏水箇所がないか確認してみましょう。

まず、片足に水を溜め、水漏れ箇所がないかチェックします。
水漏れ箇所があればマジック等で簡単な印を入れます。

片足が終わったら中に入っている水をもう片足に移動させます。
そうすれば片足分の水の量で両足検査可能です。
※水を入れた重みでハンガーやラック、ウェーダー本体が破損しないようにご注意ください。

こうして漏水箇所をチェックしておけば、オフシーズンの間に時間的に余裕を持って修理が可能です。
※修理にお時間の余裕を持っていただけると我々も助かります(笑)

さあ、裏を洗って、漏水検査をして、バクテリアウトしたら乾燥させて次は表側です。

いつもは真水で流すだけですが、今回は洗剤でしっかり汚れを落とし、撥水まで復活させて収納しましょう。

まず準備するのはこちら。


・リバイベックス:プロクリーナー(機能性ウェア用洗剤)
・リバイベックス:デュラブルウォータープルーフィング(霧吹きタイプの撥水剤)

この二つで洗濯と撥水の復活をやっていきます。

洗濯と言ってもウェーダーを洗濯機で回す訳にはいきませんので、柔らかいスポンジにプロクリーナーを適量含ませます。


※生地を痛めないように柔らかい物を選んでください。

そうしたら濡らしたウェーダーを優しく洗います。

汚れの酷い所は少し念入りに。


わかりにくいですが、泥汚れや草やコケで擦れて付いた汚れなんかも優しく洗って落としてあげましょう。

あと、これはフィットハイウェーダーだけですが、ウェストの面ファスナー(マジックテープ)部分も洗ってあげましょう。


ゴミや砂なんかが詰まると面ファスナーの粘着力が弱くなるので、時々強めの水流で流しましょう。

で、洗い終わったら濡れた状態のまま『デュラブルウォータープルーフィング』をなるべくムラなく吹き付けます。


全体にムラ無く均一に吹くイメージで、股の部分なんかもお忘れなく。

吹き付け終わったら、風通しの良い日陰でしっかり乾かします。
※この後の熱処理を行わない場合は撥水剤の定着のため、48時間以上乾燥させてください。

さて、もう少しお付き合いください。
次は乾いたら撥水剤定着の為の熱処理です。

ウェーダーは乾燥機には入れれないので、当て布してアイロンかドライヤーでやりますが、個人的には当て布してアイロンが手早く出来るのでオススメです。

まずはアイロンを中温(80℃~120℃)に設定します。

あとは当て布(ハンカチ、手拭い等)をして、サッと熱を加えます。


こういう時にノベルティーの手拭いが大活躍♪

熱を加える時は、乾燥機にかけ終った洗濯物の温度をイメージして下さい。
あれで熱処理はバッチリですから、表地が熱々になるまではやらなくて大丈夫です。

あくまで『サッ』とです。長く置いておくと本体生地が痛みます。

ここまでくれば後は収納するだけ。

で・す・が!!!!

ここで気をつけたいのは『加水分解』
※詳しいログはこちら

春先のお問い合わせでも非常に多いのが、『使おうと思って出してきたら水が漏れる』です。

これはほとんどの場合が、『加水分解による劣化』か前述の『前年の漏水箇所の見落とし』が原因です。

以前もご説明したとおり、加水分解は使用回数には関係なく起こります。
むしろ使わずに長い期間放置していた方がよく起きます。

なので、保管の際は

・湿気の少ない場所で保管
・冬場は家屋内の結露にも注意
・出来れば1ヵ月~2ヵ月に一度風通しの良い日陰で虫干し
・除湿剤等を活用する

という部分に気をつけて頂ければと思います。
※除湿剤や乾燥剤は絶対に直接本体に触れないようにご注意ください。
必ず除湿剤や乾燥剤の取り扱い説明を読んで、内容に従ってください。

今回も長くなりましたが、ここまでやればウェーダーも本望かと(笑)
(私達もここまでやってもらえれば嬉しいです♪)

これで来年のシーズン開幕も快適に迎えることができます♪

皆様、是非ワンシーズン頑張ったウェーダーを労ってあげてください!!

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

☆Instagramの公式アカウント開設しました☆ ←こちらをクリック♪
『Pazdesignのある風景』をテーマにアップしていきますのでフォロー宜しくお願い致します♪
『pazdesign_official』で検索お願いします!!