今年の春シーズンはグランソルジャーと共に 花川常雄(愛媛県)

 

こんにちは!!
愛媛の花川です。

今回は、reedから発売されたビッグミノ・ーグランソルジャーを使った河川の釣行レポートです。

某日、まとまった雨が降った後に近所の川へ釣行しました。
予想に反して水質は思ったほど濁りは少ない状況。

キャストを繰り返していると、次第に流れが出始めゴミが流れていくスピードが早くなってきました。

ただ、ベイトも少なく、シーズン終盤かな…と言う感じ。

雨パワーを期待してきたものの、水質もクリアで、ベイトも少な目と中々渋い様子…

しばらく探っているとゴボッと捕食音のような音を立ててバイト…のような感じがしたけど乗らず。
ん?ボラにでも当たったかな?

と、そんな状況で投げ続けていると、少し濁りが入ってきた!

厳しい状況ではあるものの、流れ、濁りと条件は整った!!
あと数投で喰わなきゃやめよう!!
と意気込むも…無反応…

これでラストと考えながらキャスト・・・が泣きのもう一投。
そしてもう一投。

泣きの10投目(笑)くらいで、ルアーの周辺のベイトがチョロチョロっと逃げ…ガバッ!っと出た!!!!

しっかり合わせを入れてヒット!!

やっとの思いで掛けた1尾。
絶対に逃がせないと少し焦りましたが、しっかりフッキングしているところを確認し、気持ちに余裕を持ってランディング。


グランソルジャー190F #004 セクシーパールオレンジベリー

粘りで獲った1尾に満足して帰宅しました♪

今年の春シーズンはシーバスの回遊が確認できてから、お陰様でほぼ毎釣行結果が出ております。

特にこの春に発売になったグランソルジャー190Fにすっかりハマってしまい、ここ最近はグランソルジャーのみで喰わないなら帰ろうという日もあるくらいです。

グランソルジャーマジックを堪能しました!!

私がよく行くポイントでは流れが出始めるタイミングでシーバスが捕食行動に入ります。

ボイルがなくても、ここぞ!というポイントでは水中でシーバスが待ち構えています。
わかりやすいところで街灯などの明暗、流れの変化があるところ。

グランソルジャーを流れに乗せてユラユラと引き波を立てて明るいところから暗い所へ差し掛かった時…ガバッ!

反応がないなら、少しリーリングを早めにしレンジを下げあとは流れを感じながらゆっくりと巻いてくるとゴンっ!

自分が食いそうだなと思うところへキャストしそのラインを通すだけ、線を引いて塗りつぶしていくイメージで探っていく。

グランソルジャーは19㎝50gと大きいルアーですが、大きい割には飛行姿勢もよく飛距離も出ます。
キャストに関するストレスが少ないので投げ続ける事が出来ます。

派手すぎないアクションで魚を誘います。
魚は寄せるけども、ブリブリとした過剰な動きではないので、ポイントを潰しにくいです。

何よりも、派手に登場するシーバスのバイトとファイト、引き波を立てているときのドキドキ、ルアーを眺めているときのワクワク、大きなルアーで釣る感動、楽しさを目一杯味わうことが出来ます!!

皆様も是非、グランソルジャーマジックを体感してください!!

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

☆Instagramの公式アカウント開設しました☆ ←こちらをクリック♪
『Pazdesignのある風景』をテーマにアップしていきますのでフォロー宜しくお願い致します♪
『pazdesign_official』で検索お願いします!!

matchbow(マッチボウ)の今!! 小助川光昭(千葉県)

 

日頃よりパズデザインブログをご覧いただきありがとうございます。

今回、コスちゃんの部屋からお届けいたしますブログ内容は、コスちゃん監修ルアー「matchbow100F」の今!!を書きたいと思います。

matchbowのサイズは、9.7㎝(仮)自重7.5g(仮)
自重7.5gとウェイトはそう重くないですが、細身のボディーと重心移動のお陰で想像以上に飛距離が出ます。

カラーは10色展開予定です。(中々絞りにくいですが・・・)


(この冬~春は充分なほど釣らせていただきました)

バチ抜け時、絶大な効果を発揮するリード「フィール」シリーズ。

今年の関東・東京湾奥バチ抜けは、ゴールデンウィーク頃から爆発的に釣れえるようになり皆さんフィールを探している方が多くいらっしゃいました。

理由を尋ねてみると皆様

「釣れるからです!」

とのお言葉。

ありがたいことに年々使用しているアングラーの数は、増えていますし「釣れますよ!」の声が増えてきているのも確かです。

フィールはシンキングペンシルの為、色々なレンジを探れるのが特徴でもあり、利点です。

バチ抜けシーズンを通してみれば「表層にしか反応しない」という事よりも「表層より下のレンジ」がヒットレンジになる事が多いように感じます。

ただ、フローティングタイプには逆に爆発力があり、「浮いている物にしか反応しない」という時があるのも事実です。

また、表層をゆっくりタラタラと巻かないと反応しないシーバスを釣るのには、シンキングのフィールでは難しいです。

そこで細身のシルエットでフローティングタイプのリップレスミノーが欲しく、自らルアーを改造しサンプルを作成してもらいました。

デッドスローリトリーブで表層をフラーっと泳ぎ、ミディアムリトリーブでレンジが5~10㎝入りロール+お尻を微妙に振りながら泳ぎます。

matchbowの肝はこのミディアムリトリーブでのレンジとアクション。

さっきも書きましたが、バチ抜けで「フローティングが圧倒的に強い」という状況は全体的に見れば時期やタイミングが限られます。

ですので、「バチ抜け用フローティングの引き波系」というだけではちょっとルアーとして勿体ないですし、他にもそういうルアーはあるのでこのレンジを入れたアクションにこだわりました。

つまりmatchbowの最大の特徴は「引き波」と「表層~10㎝までのレンジアクション」なんです。

これによりバチ抜けだけでなく、ハクや小イワシなどのマイクロベイトやサヨリ、シラスウナギなどのベイトパターンにも対応できます。

使い分けに関しては、シーズン初期の川で発生するバチに対しては、アップにキャストしレンジを少し入れてからリトリーブするのがオススメ。

後半の港湾部での引き波バチやくるくるバチには、デットスローにリトリーブさせ引き波を出しながら泳がせることでヒットさせる事が出来ます。

ベイトパターンの際はアップでも良いですが、クロスからダウンに投げてレンジを入れてのリトリーブでのヒットパターンが多いです。

バチシーズンにベイトがバチかマイクロベイトか迷った時にはこの食わせのパターンのどちらに反応するかでバチかマイクロベイトか絞り込んでいく事も可能です。

「表層だけ、バチ抜けだけではない」というまさに色々な状況に「match」する対応能力の幅広さもmatchbowの特徴です。

そしてボートでのメバルもコンスタントに釣れて楽しかったです。

ワームや小型プラグよりも10㎝以上のサイズのプラグの方が反応しやすい時もあるので忍ばせておいた方が良さそうですね。

こちらは最近上がってきましたサンプル品です。
ほぼほぼOKな状態です。
後は、ウエイト箇所を細かくチェックして完成です。

関東では、既にハクパターンが始まっております。


早速最新サンプルでハクパターン攻略です。

今後も色々な河川にてシーバス達と答え合わせをしていきたいと思います。
その際は、また報告いたしますのでお楽しみに!!

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

☆Instagramの公式アカウント開設しました☆ ←こちらをクリック♪
『Pazdesignのある風景』をテーマにアップしていきますのでフォロー宜しくお願い致します♪
『pazdesign_official』で検索お願いします!!

梅雨入りと新潟の海 竹内克仁(新潟県)

 

皆さまこんにちは。新潟の竹内です。

新潟も梅雨入りし、各地でシーバスも本格化していますね。

ただ、海(特にオフショア)では少なめ?でしょうか、、、
みんな川に上っちゃったかな(汗)

そんな時はライト五目で楽しんじゃえ♪って事で、空いた時間を使って出船しています。

ここで良く使うルアーはラブラエボリューション110SFG

このラブエボは場所を選ばず、魚種を選ばずで大活躍です。(笑)

河口エリアのベイトフィッシュ周りでは

イナダ


サゴシ


ダツ


ヒレが綺麗なシマフグ等

テトラ帯や岩礁帯では

クロダイ


アイナメ

形状的にシャローランナーと思われがちですが、本来「ハイブリッドミノー」と言うくらいですから、シャローランナーとミノーの相の子のようなイメージで使えます。

タダ巻きだけではなく、ロッドアクションへのレスポンスも良く、ある程度早巻きにも対応できるのでボートゲームにも欠かせないルアーです!!

水中動画もご覧ください!!

そしてディブル80で堤防の壁をタイトにせめれば

メバルの無限バイトと色々な魚達が楽しませてくれます♪


雨の多いこの季節、レインウェアやグローブにも気を使います。

今年発売のBS 3レイヤーレインジャケット

手首にはクロロプレン製のダブルカフがあり雨水の侵入をガード。

背中の両サイド部分にはベンチレーションファスナーがあり開ければ内部のムレを一気に解消できます。
インナーはもちろんラッシュガードで常に快適。

5フィンガーレスクールドライグローブ

おなじみの濡れる程にグリップ力を増すニューパワーグリップは雨の日には強い味方。
甲の部分はクールドライ素材でムレ知らずです。

で、そろそろ本気でシーバスの顔がみたくなってきたのでガイドの無い日には河川に通ってみようと思います。

新潟でもグランソルジャーマジックを起こしたいですね♪

ちなみ新潟沖マダイは絶賛のっこみ中!!

現在開発中の海晴のウェイトアップモデルでキャッチ!
発売が楽しみですね♪

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

☆Instagramの公式アカウント開設しました☆ ←こちらをクリック♪
『Pazdesignのある風景』をテーマにアップしていきますのでフォロー宜しくお願い致します♪
『pazdesign_official』で検索お願いします!!