梅雨入り前に洗濯を!! 花川常雄(愛媛県)

 

愛媛の花川です。

 

今回は梅雨を前にタックル洗濯。汚れが付いたままですと匂いの原因やカビの原因となるのでしっかり洗いましょう。

 

まずはライフジャケットの洗濯。

とりあえず付属品の取り外しから!

ブラシなどを使って大まかな汚れを落とします。

ファスナーやバックルなどは汚れが残りやすいので入念に洗浄。

私は大きめのバケツなどがありませんので大きいビニール袋を使ってジャブジャブ洗います。

必要に応じて洗剤も投入。

水洗いをしっかり行い、風通しの良い場所で陰干しします。

水気が完全になくなるまでしっかり陰干しします。

 

 

次にウェーダーの洗濯。

そろそろ暖かくなって透湿ウェーダーへ切り替えますので、ネオプレーンウェーダーはしっかり洗濯をして来シーズンまで収納。

まずはこのような状態にしてブーツの中をしっかりと洗浄します。

ブーツ内をしっかりと洗ったらそのまま逆さにして水切り。

半日ほどおいて、元の状態に戻してしっかりとブーツ内を乾燥させます。

ブーツ内の洗浄と乾燥をしっかり行ってから、外部の洗浄をして再び乾燥。

特に内部は天気の良い日にしっかりと乾燥させておきたいですね。

仕上げはバクテリアウトで除菌して再度しっかりと乾燥させて収納です。

梅雨に入るとなかなかこういった洗濯などができなくなります。

今のうちにしっかりと汚れを落としてカビ対策をしておきましょう。

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram↓
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

釣り動画を楽しむ 上田克宏(青森県)

 

皆様こんにちは、青森の上田です。

冬期間の繁忙期も終え、待ちに待った青森県の渓流も解禁し、何とか解禁日に数時間行くことが出来ましたが、その後緊急事態宣言が出され現在に至っております。
GW中もステイホームでテレビやネット、YouTubeを見たりと過ごしていました。YouTubeは見るのは殆ど釣り関係やアウトドア関係。
特に釣り関係は投稿者の動画の撮影を勉強させて貰いました。ユーチューバーデビューを目論んでる訳では有りませんが、今までは釣果を写真に撮る程度でしたが、2017年から動画も撮って見たいとGoProを購入し現在はGoPro HERO7 Blackを使用し釣行の模様を編集し携帯に撮り溜めてます。
当初はスマホもiPhone5sで4inch画面でアプリを使って編集してましたが、現在はiphone8 になり画面も幾分大きくなり快適にはなりました。撮影サイズも当初はフルHDで撮影ですが、現在は4Kまでは撮影出来るものの携帯では動画編集に時間が掛かり過ぎる為、2.7Kの設定です。
そもそも動画に手を出したのは、単独での釣行が多く、釣った魚はカメラで撮影出来ますが、釣り場の雰囲気やキャストシーン、そして1人では到底撮影の難しいファイトシーン(例えばシーバスのエラ洗いの瞬間)
等、動画で撮影した後にその場面だけをキャプチャーし画像として残す事が可能ですから。同行者が居ればカメラを構えて貰ってその瞬間を撮影してもらう事は可能ですがね(^^)
という事で、今回は私がカメラを取り付けているマウントについて色々試し最終的に落ち着いた、殆ど個人的見解や好みですが、紹介させて貰います。
GoProの純正アクセサリーマウントで釣りに使用出来るものは、ヘッドストラップがあります。
頭部に装着するタイプで、アングラー目線で撮影する事が出来ますが、ヒットの瞬間からランディングまで頭が前後左右に動き、その度にアングルも目まぐるしく変わり観てて酔うような感じになります。頭が動きすぎない釣りには良いと思います。
チェストマウントハーネスは胸の位置から撮影でき、キャストからリーリーグ、手元やロッドワーク等も撮影出来てお勧めです。
ただ、ゲームベストやフローティングベストを着用した場合、カメラの位置がファスナー部分と干渉してしまいます。ボート釣り等でウエストタイプの救命胴衣だと良いでしょう。
という事からGoPro純正品では有りませんがグリップマウントを使用しています。
強力なクリップタイプのマウントで360度回転も可能です。
トラウトの本流や湖では浮力体入りのFTGストリームベストⅡを使用してます。このベストはサイズの調整が出来る様に肩の部分がベルトタイプになっておりそのベルトをクリップを挟む事により装着可能です。
私は右でロッドを持ちますので左側に装着していますが、先程述べたようにグリップが360度回転するので、右側にも装着出来ます。
シーバスの場合のコンプリートⅣ+の場合も同様に肩のベルトに挟む様にしてます。
このグリップマウントは結構な力で挟む事が出来ますが、万が一の落下にも備えグリップ本体とベストのDカンをコイルコードで繋いでおく事で落下防止にもなります。
グリップマウントは多少平らな部分には置く事もできたり、細めの構造物な木の枝にも挟んで取り付けれるので、少し離れた場所からの自撮りも可能です。
渓流域等でバーサタイルベストやトラウト用のベストを着用してる方は?
胸元の襟の部分にグリップを留める事は可能ですが、動く度にカメラ本体も襟元の生地が柔らかい為動く度にカメラ本体が動いてしまいます。
こういうタイプのベストにはネックマウントがお勧めです。
首に挟めて使用するタイプで、カメラ本体は逆さまに取り付けますが、自動での上下反転や上下固定がカメラで設定できます。カメラの位置が胸もとより少し上になるので、ファスナーを閉めてもカメラ本体に干渉しません。

 

ただこのタイプは何かに吊り下げたりする事は可能ですが、下に置いての撮影は難しい所があります。

じゃあFTGストリームベストコンプリートベストにも使用出来るでしょう。という御意見もあろうかと思います。
もちろんファスナーやベスト本体にカメラが干渉しませんので装着して撮影は可能ですが、GoProの視野角にあるスーパーブュー(超広角)で撮影した場合ストリームベストでは右側に装着してあるポーチが写り込んでしまいます。
(↑右の黒いのが映り込んだポーチ)
そしてコンプリートベストでは
(↑右側が映り込んだターポリングモバイルポーチで左側下がベスト本体のポケット)
超広角でなければ写り込む事は無いし、また人それぞれ体格に合わせベルトで調整出来るので超広角でも写り込まない場合もあるかと思いますが、私はこの2種類のマウントを使い分けてます。
その他にも有ると便利なものが、
同行者が有り相手の撮影のメインの場合はザ・ハンドラーフロート式のグリップで万が一落としても浮かびます。
ショーティはちょっとした三脚や自撮り棒にもなる優れ物で何より手の中に収まる位にコンパクトになるので、ちょっとしはポケットにも入れておく事ができます。
そして最後にスマートリモートは防水のリモートコントローラーです。携帯でアプリを使います。GoProを操作する事もできますが、離れた距離からでもコントロールでき、手首にも取り付け可能でフックピンオンリールを使用すればベストにも下げて置いて、GoPro本体に触る事なく撮影のオンオフする事が出来ます。
GoPro本体にも音声での操作も可能で、ヒットした瞬間に『GoProビデオスタート』と言えば撮影開始される便利な機能です。
まぁこんな感じですが、皆さんはどんな方法で撮影されてますね?殆どが個人的に見解ですが、他にこんな物が良いよっていうのが有れば教えて欲しいです(^^)
なかなか釣りに行けない時期が続きますが、今の行動が今後の未来を決める事になります。
早く思いっ切り釣りが出来る様にこの時期を乗り切りましょう。
・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

 

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram↓
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

『おうち時間』で フローティングベストのお手入れ♪ 小松雅弘(茨城県)

 

皆様こんにちは。
茨城県の小松です。

新型コロナウイルスの感染拡大防止として外出を自粛していると思います。また、『おうち時間』を活用してタックル整理やメンテナンスを行っている方も多いかと思います。

リール、ロッド、ウェアーは、マメにメンテすると思いますが、フローティングベストは、どうしてますか?

普段は水道水で洗い流してる方が多いと思いますが、意外と海水の塩分や砂・土埃などが残ってます。
これから高温多湿となり、残った汚れからもカビ等の菌が繁殖して臭いも発生し易い時期であり、過去に不快な思いをされた方も多いかと思います。

という事で今回は、

『おうち時間』を活用して行った
【フローティングベスト】のお手入れをご紹介します。

①まずは、ポ-チやプライヤーホルダーを外します。(個別に洗います)

②次に、マジックテープ部を開口して浮力体を全て取り外します。

③タライにベストが浸かる位のぬるま湯を入れ、洗剤(※)を適量入れてベストを入れます。

※洗剤は、洗剤残りが菌繁殖要因のひとつになりますので、すすぎ後に洗剤成分がほぼ残らない、専用洗剤がベストです。

リバイベックス プロクリーナー
(296ml 1,300円+税)
キャップにて適量を使用します。

また、汚れの酷い所は、洗剤を直接塗布して生地を傷めない様に注意しながらブラシ等にてしっかり落とします。

④5分間漬け置き後、押し洗いします

⑤洗濯した水を排水して、十分にすすぎ洗いします。

この時、タライの底に沢山の砂・土埃が沈殿してました…
見た目よりも相当汚れています(^^;

そして、風通しの良い日陰に吊るして、しっかり乾燥して完了!!の前に…

私は、撥水処理します。

雨や砂・土埃の汚れを弾く効果がありますので、オススメです♪

⑥塗れたままの状態で撥水剤(※)を全体に塗布します。

※撥水剤は、
デュラブルウォーターリペレント
(298g 2,000円+税 使用する際は風通しの良い場所でスプレーしてください。)
スプレー後、温風乾燥または自然乾燥するタイプです。

⑦ドライヤー等での温風乾燥が撥水液がより定着するのでオススメです。
今回は、自然乾燥した場合の撥水性や耐久性等を確認したく、風通しの良い日陰に吊るして、2日間じっくり乾燥して完了!

ちなみに翌日は、トラウト用のFTG ストリームベストも同様にメンテしました(^^)/

今後に備え、『おうち時間』を活用してフローティングベストのお手入れしてみては、いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・パズデザイン公式Instagram↓
https://www.instagram.com/?hl=ja

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign