9月発売予定!!リップグリップホルダーⅡ!!

 

皆様こんにちは!!
コジマです。

本日は9月発売の新商品のご紹介です。

PAC-250 リップグリップホルダーⅡ 1500円+税
カラー:ブラック
サイズ:W80mm×H180mm
素材:コーデュラポリエステル


裏面です。

こちら、名前通りフィッシュグリップを装着するホルダーです。


こんな感じです。

一見普通のグリップホルダーに見えますが、このホルダーの最大の特徴はここです↓

画像中央のグリップの先端(爪?)をホールドするこのパーツ。
良く見ると真ん中に何やら金属のパーツが。
このパーツがポイントです。

グリップを装着する際、グリップの先端をこの金属パーツに押し付けると…


おっ!


おおっ!!


完成♪

という感じで金属パーツが倒れこみ、グリップの先端を開かなくてもグリップを差し込むだけ、ワンタッチでグリップの装着が可能です!!
※グリップの形状によっては一旦開いてからじゃないと装着できないものもあります。

ありそうでなかった新機能でございます♪

ちなみにですが、EVERGREEN社のEGグリップは爪の厚みと大きさの関係で一旦グリップを開かないと装着できません。


開いて差し込んで…


閉じると完了!!

この特徴以外にも、背面は縦横両方のベルクロが付いているので、ベストやバッグへ装着する際もご自分のお好みの位置に装着可能です。

本体下部にはDカンも付属していますので、グリップの落下防止のコードを繋げてご使用いただけます。

実際にベストやバッグに取り付けるとこんな感じです。

まずはベストのチェスト部分。


一番スタンダードな使用方法です。


アップ。


裏面。

続いてフロントポケットへ装着。


プライヤーホルダーの付いているテープ部分に装着可能です。
※もちろん両側装着可能。


逆付けもあり。

サイドベルトにも。


サイドベルトは逆付けの方が使いやすいかも。

もちろんバッグ類にもバッチリです。


ヒップバッグにも逆付けがマッチしそう。


ショルダーベルトの肩パットのDカン接続すれば肩ベルトにも装着可能。
(ショルダーバッグもヒップバッグもどちらも装着可能です。)

と言う感じの装着例です。

便利な新機能搭載で色々な場所に取り付け可能とかなりオススメですので、是非宜しくお願いします♪

9月の発売予定です。

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

☆Instagramの公式アカウント開設しました☆ ←こちらをクリック♪
『Pazdesignのある風景』をテーマにアップしていきますのでフォロー宜しくお願い致します♪
『pazdesign_official』で検索お願いします!!

バチ抜けにおけるフィールとアルバトロス。 林健太郎

 

広島の林です。

梅雨入りはしましたが、梅雨の気配も感じられない中国地方です・・・

少し前ですが梅雨入り前のバチパターンを楽しみに行ってきました。

広島にはこの時期のバチパターンも存在します。

この時期のバチパターンは独特な特徴があり、流れの筋(流芯)をメインにルアーをトレースしていきます。

こんなシチュエーションの時にエース的存在なフィールシリーズですが、今までは120が最大サイズでした。

今年は追加サイズで150がラインナップに加わった事で圧倒的な飛距離を手に入れる事が出来、今まで届かなかったポイントへルアーを届けらる様になり、おかげで今年のバチシーズンは好調な様に感じます。

そして、サヨリパターンに特化させた「アルバトロス150FG」も発売されて初めてのバチシーズンを迎えました。

Pazdesignの方にも「アルバトロスはバチパターンに使えますか?」という問い合わせが良く来るようですが、実際に使用してみるとフィールシリーズの「テールスライドアクション」とアルバトロスの「ウィークウェーブアクション」とで異なるアクションでの住み分けが出来、今年シーズンのバチシーズンも楽しめました。

注意点は下記の動画を見てもらうとわかりますが、アルバトロスは浮き姿勢がかなり垂直に近いです。


※浮き姿勢は2:07頃

なので、このまま流すような釣りだと浮き姿勢的にバチパターンは難しいかもしれません。

巻いて使う事で姿勢も水平になり、ウィークウェーブも発生するので、フィールとのローテションで使う場合は巻いて使ったほうが良いと思います。

全国的にバチパターンも一段落したと思いますので、是非来年のパチパターンの際はアルバトロスもお知らせ下さい。

2017WEB限定Tシャツ注文受付中です!
詳細はこちら!!

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

☆Instagramの公式アカウント開設しました☆ ←こちらをクリック♪
『Pazdesignのある風景』をテーマにアップしていきますのでフォロー宜しくお願い致します♪
『pazdesign_official』で検索お願いします!!

現在進行中!!ラブラ・レボリューション110F!! ~その①~

 

皆様こんにちは!!
コジマです。

本日は現在、ほぼ完成しつつある『ラブラ・レボリューション110F』(通称『ラブエボ』)のお話を。

5/19の森さんのログで初お披露目された『ラブエボ』。

このラブエボですが、ベースはラブラ110FGであることはログ内でも語られていますが、どこをいじったのか?という所は気になる所ですね。

ラブエボもパワードラブラ同様に元々あったベースに手を加える事で、アップデートするという形で進めてきました。

主に手を加えたのは下記の2点。

・ウェイトの再調整
・アイ位置の変更

です。

前述のログにもあるように、ラブラ110FGは『飛距離』『泳ぎ出し』という課題がありました。

決して釣れない訳ではないんですが、発売から約10年経ち、現代のシーバス釣りにおいてストレス無く使うにはちょっと物足りなく感じるというのが正しい表現でしょうか。

まず、飛距離という点に関しては飛行姿勢の安定性を見直し、直進安定性も向上させました。
向かい風でも真っ直ぐシュパッっと飛ぶというイメージでの調整です。

これに関しては、パワードラブラ同様に今回も鉛、タングステン、真鍮、スチールの4種類のウェイトを配置場所やサイズを微調整しながら何回も納得のいくまで調整を行いました。

私も実際にスイムチェック時にキャストしましたが、直進安定性が大幅に改善されており、ボートゲームでもキャストが決まりやすい印象でした。

次に泳ぎ出しに関してですが、ラブラ110FGは泳ぎ初めとピックアップ前に泳ぎがフリーズするタイミングがあり、それが食わせの肝でもありました。
しかし、フィールドのスレが進むにつれて最初の泳ぎだしの時点で見切られる事も増えてきました。

これに関しては、元々長めだった下アゴも利用し、ラインアイの角度を調節し、更に引っ張り出すことでリーリングやロッドアクションへの機敏に反応するようになりました。

これにより流れの中での釣りでの立ち上がりや、港湾ゲームやボートゲームでのストラクチャー撃ちでのアクションレスポンスが大幅に向上しています。

こうやってアップデートされているラブエボ110F。

テスター陣からも釣果報告が届いており、手応えを感じれるようになりました。

ちょっと話が長くなってきたので、今日はこの辺で。

次回はサンプルの画像で、実際にどうアップデートされたのかをお送りしたいと思いますのでお楽しみに!!

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

☆Instagramの公式アカウント開設しました☆ ←こちらをクリック♪
『Pazdesignのある風景』をテーマにアップしていきますのでフォロー宜しくお願い致します♪
『pazdesign_official』で検索お願いします!!