Pazdesign Fishing&Outdoors 2018
60/72

60#121 レッドベリー#122 ブラックピンク#123 オレピンクリアー#124 ライムチャートバチ#125 オリーブ#126 マットピンク#127 クレイジーチャート04461104467304473404462804468004474175SG HSR100SG HSR120SG HSR044635044697044758044642044703044765044659044710044772125124123122121HSRカラー044666044727044789126046257046264046271127#100S/120S 瀬戸内Cグリーン#100S/120S 安芸Cピンク#100S/120S サミットディープグロー#100S/120S リップタイドクリアー044277044314044284044321100120044291044338044307044345Squid ver カラー瀬戸内CG安芸CPサミットDGリップTC「フィール」ボーン素材モデル!バチ抜け激戦区の最終兵器!ハスラーは、基本性能を高めたノーマルモデルをベースに、「ある特定の条件」で爆発的な威力を発揮する特化型カスタムモデル。【高浮力樹脂採用】【ウエイトバランス変更】【特別仕様】を施したスペシャルチューンモデルです。HSR75SG●全長:75mm ●重量:4.8g ●タイプ:シンキング ●フック:RB M #12 ●リング:#2●アクション:テイルスライド ●レンジ:水面~150cm ●価格:¥1,450(+税)100SG●全長:100mm ●重量:7.0g ●タイプ:シンキング ●フック:RB M #12 ●リング:#1●アクション:テイルスライド ●レンジ:水面~150cm ●価格:¥1,650(+税)120SG●全長:120mm ●重量:9.5g ●タイプ:シンキング ●フック:RB M #12 ●リング:#2●アクション:テイルスライド ●レンジ:水面~150cm ●価格:¥1,750(+税)Performance 基本性能バチ抜けパターン。この偏食状況で特にその効果を発揮するフィールシリーズ。しかし最近の人気ポイントではアングラーが多くハイプレッシャー化...時合いのタイミングを逃せば簡単ではないのも事実。さらに超偏食状況もあります。例えば・・・「水面引き波リトリーブにのみ好反応」「リトリーブ時、ラインを水面に付けたら喰わない」「急浮上アクションにしか反応しない」さらに「口は使うけど、ショートバイトでなかなかフッキングしない」フィールHSRはそんな状況にも対応する可能性を秘めた特別仕様のフィールです。ノーマルモデルより少し浅いレンジキープと浮き上がりの早さが魅力!ロッドティップを上げたリトリーブでは、水面での引き波効果をより発揮しやすいのが、このモデルの最大の特徴です。さらに刺さりを最重要視したフック設定で、激戦区の超ショートバイトさえもフッキングに持ち込む事が可能となりました。Operation 操作方法ルアーをキャストしてテンションフォールが基本となります。ルアーが着水後、カウントを数えながらゆっくりとカーブフォールさせてツツイカの回遊タナを探っていきます。例えば、キャストして着水後カウントを数えながら30カウントぐらいでアタリが出ればそのタナを集中的に狙います。アタリが無ければ少しロッドを煽って再びルアーにテンションフォールを掛けながらアタリを待ちます、これの繰り返しです。ツツイカが低活性の場合は、少しだけロッドにシャクリを入れて、リアクションバイトを誘うのも効果的です。アタリはフォール中に非常に多く出ますので、ラインのフケに注意を払いながらゆっくりと巻き上げて下さい。ツツイカをルアーで釣るという新しい発想。フィールスクイッドバージョンは、従来の漁法「イカ角」からヒントを得た斬新な釣法を提案したモデルです。100●全長:100mm ●重量:7.0g ●タイプ:シンキング●フック:カツイチ イカつ~るNo.8 S●チューブ:東邦産業 夜光うきゴム 太 グリーン ●リング:#1●アクション:ウォブンロール ●レンジ:水面~7.0m●価格:標準カラー¥1,650(+税)●全長:120mm ●重量:9.4g ●タイプ:シンキング●フック:カツイチ イカつ~るNo.8 M●チューブ:東邦産業 夜光うきゴム 太 グリーン ●リング:#1●アクション:ウォブンロール ●レンジ:水面~7.0m●価格:標準カラー¥1,750(+税)120Squid v.| フィール・ハスラー || フィール・スクイッド |Made in JapanMade in JapanMade in JapanMade in JapanMade in JapanNEWCOLOR

元のページ  ../index.html#60

このブックを見る