バチ抜けにいいルアーありますよ♪

 

皆様こんにちは!!
コジマです。

にわかにバチ抜けの話が出始めているので流れに乗っかってバチルアーのご紹介を。

こちらのルアー↓


『feelシリーズ』です。※画像は120です。
※詳細ページはこちら↓
feel75 http://www.pazdesign.co.jp/product_r/list_02.php?i_id=266
feel100 http://www.pazdesign.co.jp/product_r/list_02.php?i_id=240
feel120 http://www.pazdesign.co.jp/product_r/list_02.php?i_id=419

バチ抜け時期には是非使っていただきたいルアーですね。
東京湾に大阪湾、神戸港、最近では中京エリアでもバチ抜け時にはキッチリ結果を出してくれています。

使い方はいたって簡単。

キャスト(基本は上流側に)して適正なスピードで巻くだけ。

俗に言う『タダ巻き』でOKです。
適正なスピードは遅く巻いたり、少し速めに巻いたり、時には流れに乗せてみたり自分で色々試してみてください。

手前味噌ですがバチ抜け時のfeelに対する信頼感はバツグンです。

野球で言えば全盛期の大魔神・佐々木かヤクルトの高津レベル。
サッカーで言えば全盛期のオリバー・カーンかブッフォンレベル。
バスケでいえば海南の牧か高校時代の田伏レベル。
キングダムで言えば王騎か騰レベル。

話が大きく逸れましたが、つまり安定感バツグンです。

サイズ的に75、100、120とありますがあくまで選ぶ基準として『100』が標準と考えてもらうといいと思います。

75は100を使う時よりもバチが小さい、もしくは小場所。
120は100を使う時よりもバチが大きい、もしくは大場所で少し飛距離も欲しい。

というのがベースです。

がしかし!!

コジマ個人的なチョイスは120、しかもカラーはブラックピンクとフレークパープルの2色。

この2本で勝負に向かう事が多いです。

♯108 ブラックピンク ※夜光虫発生時にも滅法強い


♯204 フレークパープル ※オールマイティーかつ決める時は決める

それは何故か?

これで釣れない時はあきらめてラーメン食いに行くからです。
個人的に実績が高く、カラー的に外していても何とか1本は出るという事が多いのでこの2色をチョイスしてます。
まあ、バチ抜けの時は粘らない事が多いので色で迷わないようにという意味もあります。
(隣で違うカラーで爆釣された時の歯痒さは高橋真梨子レベル)

また120をチョイスする理由は『飛距離』という要素が大きいです。
あと、個人的にあまりバチのサイズは気にしない事にしてますw
(現場でバチが小さかった時は見なかった事にします。)

また、feelには通常のプラスチックの『ノーマル』と浮力の強いボーン素材を使用した『HSR(ハスラー)』の2種類がありますが。
※詳細ページはこちら↓
75HSR http://www.pazdesign.co.jp/product_r/list_02.php?i_id=663
100HSR http://www.pazdesign.co.jp/product_r/list_02.php?i_id=664
120HSR http://www.pazdesign.co.jp/product_r/list_02.php?i_id=665

HSRはボーン素材の特徴を活かし、ノーマルよりもレンジが浅くなり、アクションの切れがアップします。
ノーマルよりもよりスローに巻きたい、より浅いレンジを引きたい。
そんな時にはHSRの出番です。
ノーマルで釣った後のローテーションとしても活躍します。


HSRは赤目仕様

ただ、ボーン素材は通常のプラスチックより軽いのでHSRは飛距離が落ちます。
イメージ的には120HSRとノーマルの100が同じくらいの飛距離です。

ここまで大々的にfeelのオススメポイントを紹介してきましたが、バチ抜け時に私が個人的にどうしてもfeel以外のルアーに頼るシチュエーションがあります。

それは、『浮いてるルアーに著しく反応が偏る時』です。

これは色々ご意見あるかと思うので、腕前が中の下のアングラーのつぶやき程度に聞いておいて下さい。

魚にとって水面はホームとアウェイの境目であり、水面を割って出るというのは人間が魚捕まえに水中に飛び込むのと同じです。
ヘタすりゃ死にます。

ただ、この水面というフィールドにはとんでもない魔力があるのか、やたらと水面を割って、つまりトップウォータに反応がいい時があります。

そういう時には沈むルアーのfeelには反応が薄い時があります。

『水面で使えばいいんじゃない?』と思う方も多いと思いますが、やはり『浮いているルアー』とは反応が明らかに違います。

そういう時に使うのは実は…エ〇ア10です。

使い方は投げたまま放置!!

これで釣れる時はfeelが釣り負けることが多いです。
(あくまで私の中でですけどね。)
その他はfeelで大体対応できます。

一時期バスのトップウォーターにハマった事もあって、トップウォーターで釣るの大好きなんですが、やはり『トップウォーター』と『水面直下』、『サーフェイス』と『サブサーフェイス』って別の世界なんでしょうね。

逆にめっちゃボイルしてるのにトップに反応無くて、ルアーをダイブさせたら一撃!!なんてのも良くありますからね。

これまた話が逸れましたが、なんせバチ抜けにはfeel!!

是非使った事がない人でこのブログを呼んでくれた方は何かの縁だと思って使ってみてください(笑)
割といい仕事すると思います♪

既にfeelを使っている方、ありがとうございます!!
そんなあなたにはココだけの内緒のお話。
実はfeelに…150が出ます!!

単にサイズを伸ばしただけじゃない、型から作り直したNEWルアーです。
詳細は後日お楽しみに♪

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

☆Instagramの公式アカウント開設しました☆ ←こちらをクリック♪
『Pazdesignのある風景』をテーマにアップしていきますのでフォロー宜しくお願い致します♪
『pazdesign_official』で検索お願いします!

 

レスキューホイッスル、お持ちですか?

 

皆様こんにちは!!
コジマです。

本日のテーマは『レスキューホイッスル』です。

先日、『フローティングベストの正しい着方』アップいたしましたが、本当に沢山の方が見て頂いたようで、とても嬉しく思います!!
(本当にありがとう御座います!!)
※まだご覧になられていない方はコチラ↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign/6ej2whu94gzhek

なので、本日も安全対策関係のお話を。

近年、安全対策に関しては啓蒙活動も含め、非常に皆様の意識は高まっています。
しかしながら毎年悲しい知らせを聞かずに済むシーズンはありません。

皆様、装備や心構えは充分ですか?
装備や心構えがあっても事故はゼロにはならないと思いますが事故の確率を減らす事が出来ます。

とある有名アングラーの方が『フローティングベストをしていても助からない事もある。でも家族の所に帰れる可能性はグッと上がるよ。』と言われていたのが印象的でした。
お陰様でフローティングベストの着用率はかなり上がったと思います。

そこで更なる安全対策です。

皆様、『レスキューホイッスル』はお持ちですか?

そもそも何故ホイッスルが必要なのか?

細かい説明は後述しますが、磯場だけではなく海、山、川、等々の自然のフィールドは想像以上に『声』が聞こえません。
波の音や川の流れ、テトラ、谷の木々、反響する物のない干潟…等々、人間の声は吸収されたり、かき消されたりして想像以上に聞こえません。
実釣の時に同行者とのコミュニケーションが上手く取れない経験をされた方も多いと思います。

もし、それだけ声が届かない状態で事故に遭ったら…

想像してみて下さい。
磯で落水、夜の堤防で落水、山深い渓流で滑落…
どれだけの時間、大声で助けを呼ぶ事が出来るでしょうか?

ホイッスルなら大声を出すより体力を消耗せず、かつ効率的に大きな『音』を出す事が可能です。
声を出し続けるより圧倒的に気が付いてもらえる可能性は上がります。

フィッシングショーも間近に控えていて楽しみな新商品も沢山あると思いますが、約ルアー1個分で出来る安全対策やってみませんか?

Pazdesign製品を買おうと思って頂いてるユーザー様。
本当にありがとうございます!!
でも、もしホイッスルお持ちでなければチョット我慢して是非ホイッスルをお買い求め下さい。

買おうと思ったディブルを我慢して買ったこのホイッスルが、あなたの命を救うかもしれません。
あなたの大事な人を悲しませずに済むかもしれません。

是非、この機会にホイッスルの所持、考えてみてください。

以前、弊社HPにアップしたホイッスルの記事を再アップします↓


SOLレスキューホイッスル PAC-211 メーカー価格 1000円+税
カラー:イエロー
全長:53mm 重量:5g
※船検備品には対応しておりません。

実際のサイズはこちらでイメージして下さい♪


※スマホはエクスペリアZ4です。

コチラのホイッスルですが、110デシベルの高音で最大1.6km先まで音が届きます。
※使用条件により異なります。
また、ABS樹脂製で非常に軽く、重量はわずか5gです!!
壊れにくく、寒冷地での使用でも問題ありません。
全長も53mmと小型なのでベスト類のDカンにつけておいたり
カラビナやキーホルダーにつけておいても邪魔になりません。

そして!!一番の特徴は…

濡れた状態でも音がなる!!

です♪

中に玉が入っているタイプのホイッスルは、濡れると音が出ません…ですが、SOLレスキューホイッスルなら玉を使っていないので濡れた状態でも音がなります!!

このホイッスル、使わないで済むならそれが一番いいのですが釣りをしていて一番必要に迫られるのは何といっても『落水時』でしょう。
釣りが水際で行うアクティビティーである以上、『水に強い』という事はとても大事な要素です。

また、落水時意外にも遭難や滑落時に大声で助けを求め続けるのは体力的にも精神的にも非常に消耗が激しく、困難です。
そういう場合でもホイッスルなら大声を出すよりも明らかに他力の消耗も少なく、かつより大きい音を発することができます。

『釣り』はあくまで遊びであり、レジャーです。
しかし、自然を相手にしている以上、必ずリスクはつきまといます。
釣りが『老若男女が楽しめるレジャーである』と胸を張って伝えていく為には安全確保、リスクの回避・低減という事は非常に重要な事だと思います。

是非、この機会に安全対策についてもう一度見直してみましょう♪

どうぞ宜しくお願い致します!!

以上、今日はこの辺で♪

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

☆Instagramの公式アカウント開設しました☆ ←こちらをクリック♪
『Pazdesignのある風景』をテーマにアップしていきますのでフォロー宜しくお願い致します♪
『pazdesign_official』で検索お願いします!!

新製品『CRリーダーポーチ』1月発売!!

 

皆様、こんにちは!!
コジマです。

本日は新製品のご紹介です!!


PAC-241 CR(クロロプレン)リーダーポーチ メーカー価格 1500円+税
カラー:ブラック

商品ページはこちら↓
http://www.pazdesign.co.jp/product_r/list_02.php?i_id=846

使い勝手のいいクロロプレン製のリーダーポーチ。
大型スプールのリーダーも収納可能な直径10cmです。

実際に入れるとこんな感じです。

最近主流の小型スプールだとこんな感じ。

実際に入れるとこんな感じです。


4枚くらいは普通に入ります。

まあ、いたって普通のスプールポーチですが、何故クロロプレン製なのか?

実はですね、クロロプレンにした理由は『伸びるから』です。

どういうことかと言いますと、通常は2cm幅のスプールポーチですが


通常時

ターポリンやコーデュラと違って伸びるので…


このくらいなら…


閉まります。
※やりすぎると破損しますので程々でお願いします。

まあ、ここまでムチムチにしなくても『あ~あの釣り場だけもう一種類持っていけたら…』なんて事は意外にあるシチュエーション。
いつもじゃなくても『ちょっとだけ…』そんな時にはクロロプレンの伸縮性が役に立ちます♪

しかもクロロプレン本体は防水ですので飛沫くらいなら問題ないです。
※ファスナー部分や縫製部分は防水ではありません。

ターポリンやコーデュラが悪い訳じゃなくて素材的な特徴を踏まえての適材適所ですね。
(その辺の細かいところはまた別の機会に)

さて、実際に装着してみましょう。

本体裏にはベルクロがあるので、ベストのショルダーベルトに装着するにはブラつきません。

まずはコンプリートⅣ。

次はトラウト用のFTGストリームベスト。

こんな感じです♪

また、本体下部にはDカン付きですのでアクセサリー類装着も可能です。

発売は1月発売予定ですので何卒宜しくお願い致します♪

P.S
ここでポーチというかダブルファスナーの豆知識を一つ。

ファスナースライダーが2つ付いているダブルファスナー。
どちら側からも開いて便利なんですが注意点が一つ。

ダブルファスナーを締めるとですね、スライダーとスライダーがぶつかるところにどうしても少しだけ隙間ができるんですね。
(スライダーのサイズやファスナーサイズで大小あります。)


こんな感じです。

なのでダブルファスナーのポーチなんかはスライダーを片側に寄せておくと雨水の浸入をより少なくする事ができます。
(完全に防ぐ事はできません。ファスナーの防水性についてはまた別の機会に)


こんな感じです。

ご参考までに。

それでは今日はこの辺で♪

 

 

 

 

 

 

・パズデザインHP↓
http://www.pazdesign.co.jp/

・パズデザイン公式Facebook↓
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

・パズデザイン公式Twitter↓
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

・fimo釣りログ一覧↓
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

☆Instagramの公式アカウント開設しました☆ ←こちらをクリック♪
『Pazdesignのある風景』をテーマにアップしていきますのでフォロー宜しくお願い致します♪
『pazdesign_official』で検索お願いします!!